FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2017年5月10日水曜日

東京者は東京をしらない (oka01-lsjtuqccasulyslg)


東京者なら、東京のことをよく知っている、と思われるだろうか ─── それはむしろ逆で、しばしば東京者は、東京のことを何もわかっていない。

2017年5月9日火曜日

アラン・ホールズワース 死去 (oka01-zfjdpiknsilnmceb)


現代ギターの奏法を編み出した祖である偉大なギタリスト・アラン・ホールズワースが2017年4月15日に亡くなった。70歳だった。近年アルバムこそ出していなかったが、精力的に演奏活動を続けており、YouTube 上にファンの録画による最近の演奏がたくさんアップされていた。死因は、心臓発作による急死だった。


ニューヨーク・タイムズの記事


70歳を超えても演奏は全く衰えることなく、熟練を重ね、即興演奏による止めどなくあふれる独創的なメロディーをステージ上で披露していた。

御冥福をお祈り致します。




2017年3月2日木曜日

東京のルール (oka01-ebfckdswjnxgmiie)

最近、久しぶりに実家(東京)に戻ってきて、僕は、僕が人と話しているときに、ちょくちょく「えっ?」「えっ?」と聞き返していることに気付いた。恐らく以前もそうだったのだが、気付いていなかったのだ。僕はふと、この聞き返している自分自身に、ある法則があることに気付いた。

2016年12月18日日曜日

2016年10月27日木曜日

おかあつ日記・類似かきこみに注意! (oka01-fszqmbujlxaxclcg)

近年、当サイトおかあつ日記の筆者ペンネームであるおかあつを騙って、特定の実在人物についてバッシングを加えるなどの悪質ななりすまし行為をされる方々が増えています。

筆者おかあつの公式アカウントは、次の通りです。その他の書き込みは、筆者おかあつ以外の第三者によるなりすまし行為による書き込みです。ご注意頂けましたら幸いです。

なお近年、なりすまし行為を含むネット上のバッシング行為は、世界的に名誉毀損として違法行為とみなされつつあることに注意頂けましたら幸いです。近年では、日本国内外ともに徐々に取り締まりが厳しくなる傾向にあり、検挙例も出ている様です。

名誉毀損は、その言及された内容が事実でない場合はいわずもがな、事実である場合であっても適用されます。任意のネットユーザーの過去の書き込みログなどを遡ることで名誉毀損が立証された場合、そのユーザーは実社会上で刑事的に罰せられる可能性があります。

当サイト著者も、ネット関連の法律的な動向を踏まえつつ、悪質なネット上の言論の暴力に対して、徐々に法的な対抗処置を強めていく予定です。

(Thu, 27 Oct 2016 22:37:20 +0900)

2016年9月13日火曜日

怪物ドラマー=クリス・コールマン (oka01-kqstwvgnfmemskwe)

最近、クリス・コールマンというドラマーのデモンストレーション演奏をYouTubeで見つけ、以来はまって何度も聞いている。クリス・コールマンは素晴らしいドラマーだ。非常に若く、2016年現在、35歳という。僕が好きな音楽=ジャズでドラマーとして活動しているわけではないらしいが、スイングも叩く。複雑なポリリズムの使い方やその迫力の凄まじさ、音の繊細さが、名ドラマージャック・ディジョネットを彷彿させるところがある。

クリス・コールマンは、決して著名なドラマーという訳ではないらしい。彼の名は、ウィキペディアにも載っていない。彼の名義でアルバムが出ている訳でもない。だが草の根音楽界(=
別名『ゴスペル』『教会音楽』ともいう。現代ゴスペルは、日本のゴスペル音楽の認識とは全く違う、物凄い世界に変貌している。だがその現状は、日本では全く知られていない。別記。)では極めて有名らしく、数度来日も果たしているらしい。

日本では、彼の演奏を聞くチャンスはほとんどなさそうだ。だがYouTube上に彼があちこちで演奏した時の映像がアップロードされている。特に、彼が打楽器メーカーの販促として演奏したものの出来栄えは、卓越して素晴らしく、一見の価値がある。

海外での一般的な評価も非常に高く、彼の実力は広く認められている様だ。彼が演奏したビデオはしばしば、10万以上の表示数を記録している。


個人的には、次のビデオがオススメだと思う。短いが非常に良い。



また彼はドラム講師としても非常に評価が高いらしく、ネット上で彼のワークショップの模様を録画したものがたくさん視聴可能になっている。



さて、今回は、次のビデオの件について書いてみたい。


このビデオは、彼のワークショップの模様をビデオとして収めたもののひとつだ。

このビデオで彼は、非常に良いことを沢山語っている。出来ればこのビデオの1時間30分の内容を全て書き起こして日本語に訳したい。だがそれは今の僕には、時間的に厳しいものがある。

今回は、このビデオでクリス・コールマンが語っていたことの中で、僕が特に興味を持ったものを抜粋して書いてみたい。

2016年9月9日金曜日

タイ東北イサーン方言とビエンチャン方言の違い(oka01-kpmqxtwxzzmgflyo)

タイ東北イサーン地方(ラオ)で有名な新喜劇の老舗・シヤンイサーンの第25巻は、いつものタイ公演の収録ではなく、国境を超えてラオス側に渡ったところにある街・首都ビエンチャンでの公演を収録したものだ。

ここでなんと、普段イサーン語(タイ語まじりのラオ語)を話している、座長ノックノイ・ウライポンが、ラオス公用語(ラオス語≒ビエンチャン語)を話している。



イサーン語とビエンチャン語は、日本国内のラオ語研究者の間で、しばしば「ほとんど違いがない」と見做されているのだが、僕が見るところでは、少なくない違いが存在する。このビデオをみると、具体的にどこが違うのか研究することができる。今回は、この違いを研究してみたい。

2016年9月2日金曜日

エセ関東人の見分け方がおもしろ過ぎる件www (oka01-dhhvqpkdjbmzqbvu)

最近、関西弁をしゃべる関東人を揶揄したネタが流行している。関東人が、関西弁を喋るのは気持ち悪い、というのだ。 僕は、これを見て、ほとんど憤怒に近い激しい怒りを感じた ─── お前らのヘタクソな関東弁が、気持ち悪くないとでも思っているのか?


2016年8月27日土曜日

バカなタイ人 (oka01-xzmejgoszplkncmc)


日本人がタイ人を見ると『頭が悪い』とイライラを募らせることが多い。 何故、タイ人は『頭が悪い』のか。頭の悪いタイ人をやっつける為にはどうすればよいのか。考えてみた。

2016年8月11日木曜日

日本という秘境 (oka01-ecjsjanmtgshqubw)

先日、行き掛け上「地方移住(Iターン)」について調べたのだが、実は、たくさんの移住失敗例が挙げられていることを知った。僕には、日本への地方移住の経験はないが、タイの地方農村部に移住した経験があるので、この失敗事例は、僕にとってとても興味深いものがあった。

2016年8月9日火曜日

地方移住でよくあるトラブルとその原因 (oka01-leybpkiuuoyzulze)

─── 僕を嫌う人間には、ある特徴がある様だ。その特徴について、色々と思うことはある。だがここでは語らないことにする。  ───  僕は「自分自身を駄目人間だと思うなら、腐ってふさぎこんでいないで、むしろ一心不乱にやってしまえ。」と思う ─── 嫌われているのは、僕だって同じだ。

ゴミだって、燃やせば、お湯くらいは沸かすことはできる。

 だがしかし、彼らは、燃えない。

『燃えるゴミ』は、燃やしてお湯を沸かすこともできるが、

『燃えないゴミ』は、せいぜいコンクリートで固めて海に沈めるしかない。

─── プロローグに代えて (岡城敦士)

地方移住でよくあるトラブルとその原因

偶然こういう記事を見つけた。

イケダハヤト氏 ・・・「田舎・地方への移住」で失敗しないための5つのポイント。

(引用)

高知では同じような話を聞いたことないのですが、農業系の移住者ですかね?こういう話があるそうです。

移住した人たちが、つぎつぎに、生活が軌道にのった移住4年めくらいに現地住民によって「出てってください」と、いわれるのです。荒れ果てた田畑を開墾し、ようやく収穫も充実の時期になりそう・・・・ってときに「すみません、たんぼと畑かえしてください」

……えぇ?

とりあえず、ぼくが住んでいる集落ではありえないでしょうねぇ……。


僕は、日本の地方移住の経験はないが、タイの農村地帯への移住経験がある。僕が移住した場所は、標準タイ語が全く通じず、テキスト教本などの全く存在しない訛りの強い方言以外に通じない、非常に敷居の高い地域だった ─── だが、上記の記事を読むと、なんとなく思い当たるふしがある。

何故、追い出されるのか。

以下、思いついたことを書いてみる。

2016年7月25日月曜日

何故ネットは炎上するのか───和製アナーキストの限界 (oka01-vnlsxxfjsxvkkuel)

はじめに

2016年3月、僕は5年ぶりに日本(東京)に帰国した。僕は、2011年3月に日本を出国して以来、丸5年間を海外で過ごした。

この5年間、僕はインターネットを通じて日本国内の社会を見てきた。2011年以降、スマホの急激な普及によりネットユーザー人口が劇的に増えたが、ネットユーザーのマナーの悪さは年々酷くなる一方だ。マナーの悪さにはできる限り寛容に対応する様に心がけていたが、2016年に入ってそれは、完全に『看過できないレベル』に到達した感がある。

また、この5年間に僕は、タイの日本人コミュニティーを見てきた。2011年以降、僕が主に滞在していたタイ国は、日系企業が多く進出する土地柄、大きな日本人コミュニティーが存在する。タイの日本人コミュニティーの規模は、世界的に見ても最大級だ。だが残念なことに、タイの日本人コミュニティーは、どう控えめに見ても、国内の日本社会に適応できない劣悪日本人の掃き溜めでしかなかった。日本人として当然持っているべきマナーの欠片も感じられない、不真面目で無神経で粗野な言動を見るたびに、とても残念な気持ちになった。

この5年間で、不勉強、且つ不真面目、且つ不誠実、且つ寛容性が低くすぐ怒る、且つ周囲の気配りが全く無い、且つマナーが悪い … そんな日本人ばかりを見てきた結果、僕は日本人とは何と知能レベルの低い民族なのか、と呆れ返った。

タイに住んでいて一番困る問題。それは言葉が通じないことでもない。食べ物が合わないことでもない。気候が合わないことでもない。それは他でもない、日本人との付き合いである。日本人との付き合いは異様に難しく、かつ非常に面倒くさい。 僕は原発事故が起きた2011年以降、日本に帰らない覚悟で過ごしていたので、そんな粗悪な日本人社会になんとか適応しようと、悪戦苦闘していたが、これは全くもって一筋縄でいかない難しい作業だった。

久しぶりに日本に帰って即座に気付いたことは、街中の人々が、僕がタイに来る前と何も変わっていないことだった ─── つまり以前と同じく、礼儀正しく、気配りがあり、勤勉で、真面目で、勉強熱心で、マナーがよいということだった。

そこでは、僕が『日本人として当たり前だ』と思うことは、全て当たり前だった。当たり前過ぎて、衝撃的だった。何故なら、僕がこの5年間過ごしたタイの日本人社会では、この『日本人としての当たり前』が一切通用しなかったからだ。

この衝撃は、僕の考え方の根本を覆した。

この考え方の変化は、大地震による地殻の大規模な変動の如く、僕の考え方の奥深くにある根本的な部分に大きな変化を与え、その上に成り立っていた僕の考え方を大きく破壊した。その破壊の衝撃力は、僕が日本を飛び出した2011年から2015年までにネット上で僕が主張していた見解を180度撤回するのに充分なものであり、僕の政治的な思想や、音楽的な思想、日本人に対する民族的な分析結果を完全に覆した。

以下の文章は、今回の僕自身の思考の変化について、僕自身がよく理解する為に、まとめてみたものだ。

だが恐らく、これを読む方は、炎上(ネットの匿名掲示板などで、特定の人物に関するバッシングや、その人物になりすましての醜悪な書き込みが盛んに行われること)という現象が、起こるその原理に関する考察を読むことになるのではないか、と思う。

この文章は間違いなく、それを読む大多数の人を不愉快にする。 だがもし、一部の、真面目に努力を続ける誠実で勤勉な、にも関わらず大勢から延々と理不尽な嫌がらせを受けて悩んでいる方に、少しでも明かりを届けることができたとしたら、幸いだ。


2016年2月27日土曜日

チャカ・カーンのバックで演奏していたベーシスト=ボビー・ワトソン (oka01-roqhruyeedobssih)

こういうビデオを見つけた。


"CHAKA KHAN / RUFUS ~ 1974" とあった。 チャカ・カーンの歌も素晴らしいが、僕はこのベーシストが『ちょっと只者ではない』と感じた。

よく見ると、この演奏は実際に演奏している訳ではない。「口パク(lip sync)」だ。だが演奏自体は、素晴らしい。この演奏について、少し調べてみた。

2016年2月23日火曜日

考えない人 (oka01-sxzkfhcqtjlplcxt)

日本人は、考えない ─── 信じる。 考えない人は、発言者がどんな間違ったことを言っていても「テレビに出ている」「大学の教授だ」などの肩書を持ってさえいれば、信じる。 つまり逆に見ると、発言者がどんなに正しいことを言っていても、肩書がなければ、信じない。 いずれにせよ考えない。

日本人は、ミツバチと同じだ。何も考えずにせっせと蜜を集める。蜜は、どんどん『考える』人間に取られてしまう。 だがそれでも、何も考えずにせっせと働く。

ミツバチに「蜜を集めるのをやめろ」と言っても仕方がない。 刺されるだけだ。 ミツバチとは、そういう生き物だと割り切る以外にない。

ミツバチは、愛情を持って労らなければいけない。


ミツバチは、一匹だけでは生きてゆけない。






更新記録:

ミツバチは、一匹だけでは生きてゆけない。 (Tue, 23 Feb 2016 12:13:04 +0700)


2016年2月21日日曜日

タイでの物の言い方 (oka01-nhtiscurodbgwwro)



タイでは、本当に重要な事以外は相手の裁量に任せるのが常識だ。このコマーシャルは飽くまでも冗談だが、タイ駐在として働く日本人の9割は、しばしば、これと同じ間違いを実際に犯している。

この客が従業員に問いただしている内容は次の様なものだ。

2016年2月17日水曜日

UbuntuでJACKとPulseAudioを同時に使う (oka01-rxqbidhqglvaownc)

Linuxで音楽作成環境を構築する時、JACKと呼ばれる音声再生サーバーが必要だ。

だが、現在(2016年)LinuxでJACK対応のソフト(例えば 作曲ソフト Ardour や、ドラムマシン hydrogenなど)を起動すると、大抵、ウェブブラウザや他の音楽再生ソフトから音が出なくなる問題が発生する。

2016年2月現在、この問題の対処方法は、日本語でも英語でもあまりきちんと説明されていなかったので、今回はこの問題が何故起こるのか、そしてその対処法を説明してみたい。

(2016年7月31日追記)
Ubuntu16.04で若干変更があったらしいので当記事で追記した。

劣等感と誠意 (oka01-pgskpqbjxlbkkaqu)

揉め事が起きる原因となる最大の要因は、劣等感なのだ。

劣等感というのは、その人が本当に劣等かどうかとは全く無関係に生まれる。劣等感の来る場所は、その人の劣等性ではない。その人の無意識の中にある幼少期に受けた『傷』から噴出し、その人を節度のない攻撃行動へと突き動かす。

劣等感と誠実に向き合うことができる人間は、劣等感を克服し(否、むしろ劣等感を有効に活用し)常人離れした技能や卓越した知識を獲得する。

誠意を持たない人間は、劣等感のダークサイドに堕ちる ─── 他者に対する誠実さを持たなければ他人を騙す ─── 自分自身に対する誠実さを持たなければ自分を騙す。

問題は、劣等感の強さでは決してなく、誠意のなさだ。誠意のなさが問題となるのは、それが他人に対する背任だからでは決して無く、それが劣等感の暴走を引き起こし、最終的に自分を滅ぼすからだ。

─── 岡城敦士

2016年2月15日月曜日

エドワード・ミルズとジョージ・ベントン…の思い出 (oka01-eplzbvnnhhjnjfdo)

『エドワード・ミルズとジョージ・ベントン』という短編小説がある。これは『トムソーヤの冒険』で有名なマーク・トウェインが書いた短編小説だ。この短編小説は、あまり知られていないが、とてもおもしろく、とても興味深い示唆が含まれている。


実をいうと僕は、この小説のタイトルと著者を20年くらい前から思い出せなり、長らく読むことができないでいたのだが、何故か、つい先程突然に思い出したので、10年以上ぶりに文面と再会できた。

2016年2月10日水曜日

爽やかなラオのおじさんの話 (oka01-vayiwdjeyazdgiah)

今日見かけた爽やかなラオ(イサーン)のおじさんの話。

2016年1月23日土曜日

ぶつかる人々、及び自分を知るということ (oka01-qteueepnnvcgjyem)

「アジア系人種の坩堝(るつぼ)」といわれるバンコクの人混みのなかで、顔だけを見て日本人を見分けるのは、とても難しい。だが日本人は、歩き方が独特で、顔を見なくても歩き方だけで日本人と分かる程に特徴的だ。

バンコクのタイ字上の表記ブレについて (oka01-friedjegkwtgzlkv)

日本人はタイ国の首都のことを「バンコク」と呼んでいるが、タイ国の首都の正式名称は「クルンテープ」という。タイ人は自分らの首都を「バンコク」とは呼んでおらず、飽くまでも外国向けの名称ということになる。

では「バンコク」とは一体、何なのだろうか。

2016年1月15日金曜日

天才の自己認識 (oka01-gvrwyrrazkfkbgwd)

昔の日記を整理していて、ひとつだけ思ったことがあった。それは僕はひょっとしたら天才だったのかも知れない、という事だ。

2016年1月11日月曜日

気高さ (oka01-szffxagxriuyxzul)

タイのネット界隈で見つけたマンガ。このマンガの意味は深い。それは恐らく、タイに興味がない人にとっても興味深いものがあると思う。

2016年1月10日日曜日

雪合戦 (oka01-ianfgxbpxdijvhnc)


僕が小学生低学年だった頃のある日、大雪が降った。雪が少ない関東の話なので、生徒は一同おお喜びになり、先生の特別な計らいによって、その日はまる一日体育の授業に割り当てられることになり、その日まる一日、学校中で雪合戦をすることになった。

 ─── その日、ある事件が起こった。

2015年12月28日月曜日

クズ人間は捨てろ (oka01-bfyvxldtprtwlrhm)

 ─── この文章は、僕の『昔の自分との決別』の宣誓だ。

2015年10月9日金曜日

放射能汚染5年目 ─── 考えない日本 (oka01-rpbtoxklnzkaymdl)

2015年 ─── 原発事故後のニッポン。

  • 知りたくない 
  • 考えたくない
  • 解りたくない
  • 変えたくない
  • 行動したくない



おびただしい数の『考えない』人々 ───

一体、どこに向かって歩いてゆくのだろうか。

2015年10月4日日曜日

『左翼も右翼もウソばかり』パクリ発覚か(古谷経衡の著書) (oka01-jnrpagievuyluwnx)

おかあつ日記『右翼と左翼のウソ』を著した2013年7月から2年の年月が経過した。2015年9月、『右翼と左翼のウソ』に酷似したタイトルを付した本を出版した者がいる。古谷経衡氏だ。古谷氏は2015年9月に『左翼も右翼もウソばかり』という書籍を発表した。盗作である濃厚な疑いがある。





この件に関して、岡城敦士の見解をこの場をお借りして表明したい。見解は以下の通りである。

右翼と左翼のウソ (oka01-gremaueidtsjyxlp)

何でも右と左に分けるから、世の中には右と左しか居ないように見える。本来全ての物は右でも左でもない。分け方の基準は、極めて感覚的なものだ。左とは何か。それは、右ではないもの。右とは何か。それは、左でないもの。だから世の中の全てのものは、必ず右か左に別れる。 だが実際には、世の中のほとんどの人は、右でも左でもない。

2015年10月2日金曜日

潮州文化と日本 (oka01-rmrcnwmutzepsqjr)

タイに「ケックフワイ」と呼ばれる、非常にポピュラーな飲み物がある。日本に住む読者諸賢は、聞いたこともないかも知れない。だがこれが実は、日本と案外と関係がある。



2015年9月21日月曜日

演奏者の資質について (oka01-qkpzawmzwqggowrx)

本日、バンコクにて、ある日本人らのジャズの演奏を見に行き、大変にがっかりして帰ってきた。以下でその成り行きについて述べたい。

ここで筆者は、何を見に行ってきたのか、どこに見に行ってきたのか、誰を見に行ったのかに関して、一切明らかにしないこととする。加えて、この文章で述べられた団体、地名、及び個人は、全て現実に存在するそれらとは一切無関係のフィクションであるということを、この場をお借りして宣言させて頂く。

よって、もしこの文章を読んだ読者諸君が、何かに思い当たり「これは◯◯のことだな」と思いついたとしたら、それは間違っている。何故なら、以下の文章は全てフィクションだからだ。よって、筆者が言及している人らは、読者諸君が思うその人のことではない。

この文章の目的は、個人攻撃ではない。筆者が、バンコクに滞在する1人の日本人ジャズ演奏者として、日本人を含むバンコクのジャズ演奏者コミュニティーのマナーとレベル向上を目指し、どうすべきか考えた結果として出てきた、ひとつの結論である。

以下、本日の出来事、及びそこで筆者が感じた事に言及しつつ、最終的にバンコクであるべきコミュニティーの形を考えてみたい。

2015年9月14日月曜日

日本政府発の嘘に特徴的に見られる詭弁テク集 (oka01-glfulxtbpfkxqple)

本日2015年9月14日午前9時40分頃・阿蘇山が噴火した。


爆発から数時間、早くも反原発を揶揄するブログ記事が現れた。
【放射脳】阿蘇山の噴火で145km離れた川内原発をはやく止めろと騒ぐ

今日14日9頃 九州の熊本県にある阿蘇山で噴火が発生しました。噴煙は火口縁上空2000mまで上がった。火口から飛散する大きな噴石も確認されており火口から約1km以上飛散する可能性があるとして噴火警報を発表、噴火警戒レベルを2から3に引き上げた。

噴火警戒レベル3は入山規制

登山禁止・入山規制等、危険な地域への立ち入り規制。状況におおじて範囲を判断。
今回は2kmまで大きな噴石が飛散する恐れがると判断。

ツイッターでは阿蘇山噴火で川内原発を止めろ!とここぞとばかりに共産党員が叫びだす。 しかし、川内原発までの距離が、、、、w
以上、【放射脳】阿蘇山の噴火で145km離れた川内原発をはやく止めろと騒ぐ より引用した。 爆発からたったの数時間で公開されるなど、まるでこの記事を予め用意していたようだ。

この記事は、朝鮮差別や中国差別を煽るネット記事と比較すると、ほぼテンプレートと言ってよいほどに、共通の特徴を備えている。ここで使われている人々を欺くテクニックなどについて説明する。

2015年8月25日火曜日

日本に居るとそれだけで音楽が下手になる (oka01-fvyhfosdkxjikyjm)


『日本に居るとそれだけで音楽が下手になる』

─── 日本人は多民族の寄せ集めなので、日本人の意見は、色々な民族の平均である場合が多い。それらの民族の中には、音楽が巧い民族もいれば、音楽が全く下手な民族も居る。日本人である以上、音楽が下手な人の意見もきちんと尊重する必要があり、結果として全体的に音楽が下手になる。

この現象は、音楽以外にも現れている。

2015年8月22日土曜日

国境と言語 (oka01-wkkxlcmquzhnneen)

น้ำตาทาส


ทาสは、奴隷という意味らしい。ラオ語〜タイ語は、中国語〜日本語と同じで、単語が文語的・抽象的になればなるほど共通の単語が増える。最近ようやくこういう抽象表現が面白く感じる様になってきた。10年掛かってやっと───

2015年6月19日金曜日

安倍首相、ウクライナの閲兵式で立ち位置を間違える (oka01-npxhbwxnyxavgrye)


去る2015年6月6日ウクライナを訪問した安倍首相は、ポロシェンコ大統領夫妻と共に閲兵式に出席したが、その際、立ち位置を間違えたという致命的なミスをした、ということがネットで話題になっている。

2015年6月18日木曜日

ドランダックで学ぶ英語マスター必勝法 (oka01-uhigmktvuxhaoyxw)


ドラン・ダック【Dolan Duck】= 英語圏で流行しているテンプレというか、モナーみたいなAAの様な存在のキャラクターだが、見てわかるように、ドナルドダックのパクリだ。頭が悪く滑舌が悪いので、ドナルドと発音出来ず、「ドラン」と訛っている。

なかなか可愛らしい。だが残念なことに、日本でドランダックの知名度は非常に低い。

以下、このちょっと可愛らしいドランダックについて紹介してみたい。

真の反中国野郎への道(oka01-zstzbsfgsdnurtfu)


真の日本人は中国嫌いである。だがちょっと待って欲しい。中国嫌いなのに、あなたは中華料理を食べている。それは本当の中国嫌いと言えるだろうか。中国嫌いなら、徹底して中国的要素を排除して然るべきではないだろうか。巷にあふれるヘタレな中国嫌いのあなたに送る、おかあつ版中国排除マニュアルを作成してみた。

2015年6月15日月曜日

不便さと幸せ (oka01-badftbtevrqfywmr)

─── 僕は思う
  • 便利になると大抵、非常に忙しくなる。
  • その忙しさに対応できない人は、不幸になる。
  • 不便さは、人に、幸せとは何なのか、確認する機会を与えてくれる。

人には 便利さに憧れて忙しさに食い尽される という状態が存在する ─── 人はそこまでして便利さを追い求めなければいけないものなのだろうか ───?

2015年6月14日日曜日

分析はもう充分だ (oka01-kongkjmvexjgwajk)

日本は現在、原発事故による被害の拡大と直面している。

ツイッターを見ていると、近年の諸問題に関する分析が飛び交っている ─── なかには、公式な分析機関が出すレポートも顔負けな程に詳細に踏み込んだものもある。分析が専門でない方も、独自の視点から非常に興味深い分析をだしている。

僕はそんななかで「もう分析は充分だ」と言いたい。結論を出すために必要は分析は、もう充分過ぎるほど揃っている。にも関わらず、決断する人は皆無と言って良い惨状である。

往々にして、決断に必要な分析は、さほど詳細なものでなくても良い場合が多い。大まかな方向が分かれば、致命的な決断ミスは避けられる。詳細は決断した後で考えればよい。だが、みな分析に明け暮れ、誰も決断しない。

このままだと、大勢が死ぬ。もう分析は充分である。決断すべき時期が来ている。

以下、分析ばかりに興じる危険性について説明する。

2015年6月13日土曜日

日本国民と日本政府は、利害関係が一致してなさそうだ (oka01-pvvyzrcdseaxeenf)


本日は一日中、ツイートをしながら考え事をしていたが、その時に、日本人が海外に脱出しなくなった理由と、日本政府が国民を海外に脱出させたくない理由について色々と思いを巡らせてみた。その時に発したツイートを雑記としてまとめてみた。

2015年6月12日金曜日

お金と嘘の続編 (oka01-yuqvwqzrfauictxw)


2011年以降、日本の人口は急激に100万人減った。断定は出来ないが、原発事故の被害者が、実は既に甚大な人数に登っている可能性がある。それははっきり断定出来ないが、少なくとも「皆無」という事はなさそうだ。僕はこのことをツイッター上でしつこく投稿してみたが、反応が非常に鈍い。何故ここまであからさまに嘘だということば暴露しているのに、まだその嘘を信じ続けるのだろうか ──── そういう強い疑問を持っている。 僕の問に関する答えは ──── 恐らくだが、「真面目さ」の表れなのではないか。


この件に関してツイッター上でつぶやいた考えに加筆訂正して、雑記としてまとめてみた。