FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2011年4月6日水曜日

11,000日間で年間許容量の10,000倍の放射線量。 (mixi05-u459989-201104061928)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
11,000日間で年間許容量の10,000倍の放射線量。
2011年04月06日19:28
> 仮にこの地点に11日間、立ち続けていた場合、年間に自然界や医療行為以外で人が浴びてよいとされる許容量1ミリ・シーベルトの約10倍を浴びることになる計算。一般に健康に影響が出るのは100ミリ・シーベルト以上とされる。

割り算すると、要するに、この地点に1日立っているだけで年間許容量の放射線を浴びる事になる訳だけど、何でそうやってかかないのだろうか。

つまり、屋外で働くなど1日12時間外に居たとして、200日間屋外に居ると健康に影響が出るといわれる100ミリシーベルトの放射線を浴びることになる訳で。 少なく見積もって6時間屋外に居たとしても、400日で健康に影響が出る。

ま、でも「直ちに健康に影響は無い」から避難の必要はない。

これだけの数字が出ていて、南側30kmでどれくらいの数字が出ているかなんて、計測しなくても判りそうな物だ。



P.S.
> 一般人の被爆限度の目安を(年間1ミリシーベルトから)年間20~100ミリシーベルトに引き上げるよう求めている。

やっぱ2~3シーベルトなら浴びても大丈夫そうな気がしてきた。

年間100ミリシーベルトって原発で働いている人の限度量と同じじゃね?
原発で働いている人が保険に入れないとしたら、関東の人も保険に入れなくね?


P.S.2
土壌からプルトニウムが出てきたのは良く判った。汚染水は?
ウンコ漏らしただけでションベンは漏らしていないって、赤ん坊だって信じないよ。

=======================================

第一30キロ地点で年間許容量10倍の放射線
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110404-OYT1T00550.htm

 文部科学省は4日、福島第一原発から北西約30キロの1地点(福島県浪江町)で、先月23日から11日間の放射線量の積算が1万マイクロ・シーベルト(10ミリ・シーベルト)を超え、1万340マイクロ・シーベルトになったと発表した。

 仮にこの地点に11日間、立ち続けていた場合、年間に自然界や医療行為以外で人が浴びてよいとされる許容量1ミリ・シーベルトの約10倍を浴びることになる計算。一般に健康に影響が出るのは100ミリ・シーベルト以上とされる。

 同省では先月23日以降、同原発から20~60キロ離れた地点で放射線量の積算値を計測しており、このほか同原発から約30キロ離れた4か所で11日間の積算が6110~2110マイクロ・シーベルトになった。原子力安全委員会のまとめでは、各地点で観測する1時間あたりの放射線量自体は減少傾向にある。

(2011年4月4日12時46分 読売新聞)


=======================================

被爆限度量引き上げ、官房長官が検討を指示
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110406-OYT1T00900.htm

 枝野官房長官は6日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、「年間1ミリ・シーベルト」と定めている一般人の被爆限度量の引き上げを検討するよう、原子力安全委員会に指示したことを明らかにした。

 枝野長官は、現在の基準について「安全性を強く考慮した非常に高いハードル」としたうえで、「現実に生活している皆さんの健康への影響との関係で、どれくらいが安全性を確保できる線なのか、専門家に最終的な詰めをしてもらっている」と語った。「20ミリ・シーベルト」を一案として検討していることも明らかにした。

 限度量の引き上げは、厳格な基準を維持した場合、避難・屋内退避指示地域の拡大を迫られたり、さらなる社会的混乱を招きかねないことから、有害ではないと見られる範囲内で緩和することを狙ったものだ。国際放射線防護委員会(ICRP)は日本政府に対し、一般人の被爆限度の目安を20~100ミリ・シーベルトに引き上げるよう求めている。
(2011年4月6日19時22分 読売新聞)

=======================================

プルトニウム、また検出=福島第1原発の敷地内―東電
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1560740&media_id=4

 東京電力は6日、福島第1原発の敷地内4カ所で3月25、28両日に採取した土壌から、微量のプルトニウム238と同239、同240を検出したと発表した。

 いずれの濃度も、過去に海外で行われた大気圏内核実験で日本各地に降ったプルトニウムとほぼ同じレベルだが、一部は今回の事故に由来する可能性があるという。


コメント一覧
ろんたりんくo(^-^)o   2011年04月06日 20:13
健康になるんならともかく
直ちに健康に影響は無いってのにはさすがに弱っちゃいますね。
おかあつ   2011年04月06日 20:20
^^; ラジウム温泉みたいにね。 浴びたらちょっと健康になったりしてね。

健康に影響もないんじゃね ^^;;;
ラジウム温泉の効能より信用ないですよね^^;;
 
出展 2011年04月06日19:28 『11,000日間で年間許容量の10,000倍の放射線量。』