FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2011年5月29日日曜日

RT: 大岡越前も遠山の金さんもいませんよw (mixi05-u459989-201105290723)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
RT: 大岡越前も遠山の金さんもいませんよw
2011年05月29日07:23
bobcatさんの日記が異様に面白かったので、リツイートしてみる。

そういう事絶対あるんだろうなぁ、と想像していたけど、やっぱりあるっぽい。


大岡越前も遠山の金さんもいませんよw
http://mixi.jp/view_diary.pl?url=http%3A%2F%2Fblog.zaq.ne.jp%2Fnekogoya%2Farticle%2F508%2F&owner_id=3740228

裁判所は奉行所やないし…捜査権限もなーんもありませんから(-。-;)
当事者双方が出してきた証拠(書類)を見て判断するだけやし,ましてサイコー裁は事実審はせずに法律審だけ(証拠の判断はしない,法律に違反してないか判断するだけ)。
このじーさまは元検事やし,なったのが監査役やし…天下りとまでは言えないんじゃないかと。

ちなみに,判事・判事補は天下り禁止されてないそうですよ。
そんなことになったら,弁護士法人になってる弁護士事務所に就職できなくなっちゃうからなのかな?


「原発は安全」判決書いた最高裁判事が東芝に天下り 司法にも広がる原発マネー汚染
http://www.mynewsjapan.com/reports/1437

 四国電力伊方原発と東電福島第二原発の建設許可取り消しを求めた2つの裁判で、 原発の安全性にお墨つきを与える判決を下した最高裁判事が、米国GE社と提携する原発メーカー「東芝」の役員に天下っていたことがわかった。判決があったのはチェルノブイリ原発事故から6年後の1992年のことで、 脱原発の声を封じて原発ラッシュの流れをつくる一大転機となった。裁判官と原発産業の生臭い関係に、原発の危険を訴えてきた地元住民は絶句する。「司法よ、お前もか―」

【Digest】
◇東芝天下りの最高裁判事・味村治(みむらおさむ・2007年3月死去)氏は元検事
◇「伊方」「「福島第二」の二大原発訴訟
◇東芝役員の天下り官僚・大学長は20人
◇「伊方訴訟」でバレたデタラメ安全審査
◇「格納容器は絶対に壊れない」と国側きっぱり
◇海外大事故でも「日本の原発安全」と宮本勝美裁判長
◇「GE格納容器、燃料プールは脆弱」証言も裁判官無視
◇福島原発は地震で壊れない? というトンでも判決
◇チェルノブイリの『チ』の字もなかった最高裁判決


涙目ニュース速報板より↓

http://mixi.jp/view_diary.pl?url=http%3A%2F%2Fblog.zaq.ne.jp%2Fnekogoya%2Farticle%2F508%2F&owner_id=3740228
コメント一覧
MIO   2011年05月29日 15:45


滑稽。
ここまでくるともはやfunnyでしかない。

その全ての礎たるものがお金でしかないというところは究極のfunny
bobcat   2011年05月29日 19:06
にゃはは…
おかあつ   2011年05月30日 03:03
^^
 
出展 2011年05月29日07:23 『RT: 大岡越前も遠山の金さんもいませんよw』