FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2010年3月31日水曜日

赤シャツの現実 (isaan05-c987254-201003311040)

おかあつがミクシコミュニティータイ東北イサーン語研究会として著した記事を紹介します。
赤シャツの現実 (おかあつ)
2010年03月31日 10:40
最近何も書いていません。 しかしある方の日記を読んで思わずコメントに書いてしまったことがあります。 書きはじめたら長くなってしまったので何となくコメントにしないで日記にしました。

====================================

Q:タイ人はストレスがたまるとバンコクでデモをやってる赤シャツみたいに我慢しないで爆発しちゃう。 タイ人はストレス対策がうまいよね!

A:んな甘いもんじゃない。現実は。

====================================

ストレスかぁ... 最初は僕もそう思ってましたが、実際のところ、タイ語が上達すればするほど、ストレスは増えてきました。 あの国には、絶対に解決できない問題が山積みで、考えても仕方がないからです。

─── 赤シャツは首相府に採血した血をばらまくとかバカなこと言ってますが。

経験上、大体こういう「誰々が訳のわからない事をしてる」っていう話が出てくる時は、ウソです。 まったくやっていないことをやったって報道する事もあるし、ほんの一部がやったことを全体がやったように報道することもあるし、あるいはほとんど報道されてないのに、日本のタイ情報サイトが勝手な思い込みで報道する事もあるし、いずれにせよ、マユツバでみてないと、すぐ騙されちゃいます。

─── 彼らは非差別地域出身ですが強くたくましく頑張ってますよね。

彼らは差別されているわけではないです。 差別される為には差別しようとしている側が差別されている人よりも多数派である必要があります。 この国では差別されている人の方がずぅっと多数派なので、差別が成り立たないのです。

また、外人がタイに行ってタイ人を差別しても、みんなわからないふりしてニコニコしてますが、気が付かぬように反撃されて痛い目にあいます。 その辺、表面的にわかりにくいだけで、日本人と何も変わりません。



赤シャツのデモの本質は、僕に見るところ、タクシン(客家)とソンティリムトーングン(潮州)との民族問題+政治闘争です。 さらに踏み込んで見ると、力をつけすぎたタクシンを、タクシンを嫌う同じく力をつけすぎたソンティたちを扇動することで追い出そうとしている、軍や警察などにいる特権階級で少数派のタイ族がいます。 闘争が激化すれば華僑は力を落とし、華僑が汗水足らして作り上げた利権だけがタイに残ります。 こうやって直接手をよごさず、漁夫の利を得ようとしているんだと思います。

農政が上手な客家系出身のタクシン(というか都会暮らしになれた他の華僑には農業や農村文化の知識がまったくないんだと思うのですが)は、農村地帯で絶大な支持を受けています。 タイ族と華僑を全部合わせて足しても、農村地帯の人口の方がずっと多いので、選挙をやると必ず農村地帯の意向が通ります。 これが赤シャツです。 だからこそ、タクシンはアメリカと接近して民主主義を標榜している訳です。

一方、バンコクで汗水流して働き責任持ってタイ経済を動かしている華僑の人たちは、まともな民主主義を行なっても農村部(=つまりタクシン)に絶対に勝てないことを知っています。 民主主義が建前でしかないことを重々承知しているのです。 だから、プロパガンダを駆使して何とか赤シャツを抑え込もうと躍起になっています。

そういう闘争の中で、ちゃっかり漁夫の利を得ているのがタイ族です。

===

いずれにしてもタイの社会問題は理解が進めば進むほど深刻だと思い知ることになります。

そういう中にいるのは(ほぼ)単一民族の日本の社会にいるよりもずっとストレスがたまります。 タイ文化はストレス対策だ、なんて生易しいもんじゃありません。
コメント一覧
 
出展 2010年03月31日 10:40 『赤シャツの現実』