FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2009年6月27日土曜日

(ニュース) 人生、勝ちっぱなし (mixi05-u459989-200906271238)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
(ニュース) 人生、勝ちっぱなし
2009年06月27日12:38
石原慎太郎っていえば団塊世代のラスボスの様なものではないかと思う。 一方麻生太郎は少子化で母数が減った今の10~20代の利益を代表してくれる数少ない政治家だ。 麻生太郎が人気がないっていい放っているが、石原慎太郎にとって少数派である若者などどうでもよく、眼中にすらないんだろうと思う。

人のいいまちがいとかを捕まえて揚げ足取りするところなんか、本当にいやらしい。人種差別的ですらある。

だけど世の中、さほど不公平ではない。 こうやって今の10代~20代を踏みにじった結果はあと10年ぐらいしてから、年金をばっさり切り捨てられたり、早期高齢者とかいわれて補助を打ち切られるというかたちで復讐される。

人生、勝ちっぱなしということは、まずない。

=====================================

■「私なりに危機感」石原知事、都議選での自民応援に本腰
(読売新聞 - 06月27日 09:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=880676&media_id=20

自民党の応援に全力を挙げます--。麻生内閣の低支持率で、東京都議選に臨む自民への逆風が吹く中、石原慎太郎都知事が26日の定例記者会見で、応援に本腰を入れることを明らかにした。

 自民都議からは「人気のない麻生首相より大歓迎」との声が出る一方、野党の民主都議からは「かつてほど票には結びつかない」と冷ややかに受け止める声も。知名度が高い石原知事の応援効果が注目される。

 「国政の自民のへまのあおりを、都政の自民が食うのは非合理な話だ」。会見で石原知事は、都議会与党の自民をかばった。麻生首相が今月20日、都議選の応援で立候補予定者の事務所を訪れた際、「惜敗を期して」と間違えた発言も引用した上で「必勝を期して頑張ります」と、皮肉交じりに応援への意欲を見せた。

 最近は、新銀行東京の経営問題などで批判を受けることもある石原知事。だが、自民都議の多くは、「ほかの政治家とは知名度が全く違う。人気は底堅い」と応援を熱望する。

 「私なりに危機感を持っている」。石原知事は会見で、こうも語った。定数127の都議会では現在、48議席の自民と22議席の公明の両党で与党を形成。選挙の結果、両党で過半数の64議席を下回るようなことがあれば、都政運営への影響は避けられないからだ。

 一方、民主都議は「知事の応援で、逆に有権者は、新銀行問題などを思い出してくれるのではないか」と話した。

コメント一覧
クレ   2009年06月28日 10:20
石原さんは地方の知事が特定の政党を応援するのはよくないって橋元さんに言ったと聞きましたが、報道の間違いなんでしょうか・・・
おかあつ   2009年06月28日 11:48
>石原さんは地方の知事が特定の政党を応援するのはよくないって橋元さんに言ったと聞きましたが、

へー。 じゃぁ 読売新聞が間違えているか、その石原氏の記事を書いた新聞が間違えているか、石原氏の発言が間違えているかですよね。 調べてみます。

僕、日本の新聞では読売新聞が偏りが少なくていちばんまともだと感じているんですが、考えてみれば読売新聞もある意味偏ってるのかもしれませんね。 その偏り方が僕の立場に近いのであまり違和感を感じないだけで。 わからないですが。

ちょっと調べてみます。
 
出展 2009年06月27日12:38 『(ニュース) 人生、勝ちっぱなし』