FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2009年3月29日日曜日

田中宙プラス (mixi05-u459989-200903291549)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
田中宙プラス
2009年03月29日15:49
田中ニュースプラスに加入した。 僕は間違いなく田中ニュース中毒である。

> 経済が好きな日本人の多くは、米国で発明された経済理論を、まるで昔の日本人が中国から輸入した仏教の経典を丸ごと信奉したのと同様の姿勢で、丸ごと信じて疑わない。しかし実際には、言葉巧みな理論を作って人々を信じさせ、それによって利を得るやり方は、アングロサクソンが得意とするプロパガンダ戦略の一つである。環境問題や人権問題、ジャーナリズムなどと同様、経済理論も、真実追求のアカデミズムのふりをした巨大な詐欺であると疑うべきである。特に、この40年ぐらいの間に米英で作られた理論は、真に受けない方が良い。疑いを持つ人に対して「あいつは勉強が足りない」という不勉強のレッテルが用意されている点も、アングロサクソン的である。


このように自己批判的な視点があり、かつ高い文章能力・読解能力を併せ持つ人って、本当に貴重だと思う。

こういう風にありたいと思う。
そのために努力を続ける。


ウソの存在に気がつくときって、劇的だ。 何かを見たとき、それが何なのか理解する前に、いきなり頭の中にガンと飛び込んでくる何かがある。 あとになって、それが何故ウソなのかをきちんと理路整然と考えると、膨大な量の説明が必要だったりする。 説明にはとても長い時間がかかる。 でもそれがウソと気がつくのは、ほとんど瞬間的な出来事だ。

ウソを見抜く能力を身につける過程は、普段自分が信じている何かが、何故信じるに値するのかを考えることと、等しい。

そういうウソというのは、とても大きくて、自分がおかしいと思っていると、みんながよってたかって、「そういうことをいってはいけない」とか「お前はおかしい」とか文句をいいにくる。 でも何年もたつと、みんな夢からさめて、僕がかつて口をすっぱくして言っていたことを、さも自分で発見したことのように、話し始める。


コメント一覧
 
出展 2009年03月29日15:49 『田中宙プラス』