FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2016年9月2日金曜日

エセ関西弁とは? (oka01-dhhvqpkdjbmzqbvu)

最近、関西弁をしゃべる関東人を揶揄したネタが流行している。関東人が、関西弁を喋るのは気持ち悪い、というのだ。 僕は、これを見て、ほとんど憤怒に近い激しい怒りを感じた ─── お前らのヘタクソな関東弁が、気持ち悪くないとでも思っているのか?


関西人の残虐性について

この様なウェブサイトがあった。
 

http://vicul.net/archives/15394


2016年現在、ネットを検索すると、この様な関西弁をしゃべる関東人をおもしろおかしく揶揄しているブログが無数に見つかる。

僕はこれを見て、ほとんど激怒に近い感情を持った。これを見て僕が感じた不愉快感は、筆舌に尽くしがたいものがある。

だが、恐らく関西出身の人間は、僕が何故怒っているのか、わからないだろう。

関西人はいう・・・「まま、おもろいもんは、おもろいんやし。」

─── それはそうかも知れない。

ところで、僕が感じた不愉快感だが、実は、関西人でも簡単に理解する方法がある。逆にすればよいのだ。

実際に逆にしたものをコラージュで作ってみたので、以下で見てみる。


目も覆わんばかりに残虐な記事が出来上がった。 これは酷い。あまりにも酷すぎる。だがこれと同じことを、関西人は言っているのだ。自分が言われて嫌なことは、他人にも言ってはいけない。

ちなみに、関西人が話す関東弁に強い違和感があるということは、事実だ。

だが僕には、そういうことは『いいっこなし』だろう、という感覚がある。それは恐らく僕だけではなく、大半の関東人がその感覚を持っているのではないだろうか。何故なら、関東には日本中から人が集まっているからだ。皆それなりになまっているのが当然だ。いちいち気にしても仕方がない。関東弁に違和感があるのは、関西人に限ったことではない。関東人は、関西人の話す違和感の強い関東弁を聞いて、それが気持ち悪いと思っていても、それを口に出すことはない。

何故、関西人が気持ちの悪い関東弁を話しても文句を言われないのに、関東人が少しでも関西弁を話すと「きもちわるい」等々、散々に批判を受けるのだろうか。

エセ関東人の発見

僕は、関東生まれ関東育ちだ。関東・東北人の極端な排他的な気質を、身近な体験として知っている。関東人の執念深く無口で口下手・陰険といった気質に散々傷めつけられていた僕は、関西人に、おおらかで話上手で仲良くなりやすい、という印象を持っていた。僕には、関西に対する漠然としたあこがれがあった。

そんな僕は、ツイッターで次のようなツイートが流行しているのを見て、とても残念な気持ちになった。


僕には、どれひとつとして意味がわからない。

これらのツイートを見て、僕は、非常に残念な気持ちになった。何故残念な気持ちになったのか、自分でもよくわからなかったが、とにかく非常に残念な気持ちになった。

残念な気持ちになったが、それは仕方がないことだ。そう思っている人がたくさんいる、という事実は、受け入れなければいけない。

それはさておき、これはひょっとして、全く同じネタを関東に置き換えることができるのではないか?と思い立った。というのも、関東ローカル=関東だが全国区ではない、という世界は、実は沢山あるのだ。 関東ローカルネタは、関東が地元の人間にしかわからないので、職場や大学などで話題としてだすのは、ふさわしくない。

・・・ふさわしくないのだが、そこを敢えて、僕は、これらのツイートの『エセ関東人を見分けるネタ』を作ったらどうなるだろうか? と思い立ち、実際に作ってみた。それを以下で見てみたい。


思いつく限りの関東ローカルネタを並べてみた。僕個人的には、なかなか良い出来だ、と思っている。どれも微妙に懐かしく、昔の色々な古き良き思い出がふつふつと浮かび上がってくる感じがして、面白い。僕個人的には、どれもこれも、なかなかのお気に入りだ。(尚、それぞれのネタの出展がわからない場合は、ツイートをクリックしてスレッド表示に変更すると良い。そのネタの出展がツイートのリプライ上で解説されている。)

これは面白い! 『リツイート1000は間違いないぞ!』と僕は思った ─── だが予想に反して、反応はほとんど皆無だった。皆無どころか、微妙な反感すらも買っていることも感じた。

あまりにも意外なことで、何故だかさっぱり理解できなかった。というのも、僕の読者は、大半が関東在住なのだ。


上記は、ツイッターが公式に用意しているフォロワ分析ツールによる分析結果だ。これによると、僕のフォロワは、大半が関東在住だとわかる。僕のツイートにリプライをくれる常連は、大半が近畿四国九州の方々だ。だが実際にそれを読んでいる人たちは、関東在住の方々だということが、ここからわかる。

「関東人なのに、何故、関東ネタに反応しないのか。」

僕はここでハッとした。

ここでようやく初めて、僕は気付いたのだ。 彼らは関東在住だが、関東人ではない ─── ここで初めて僕は、自分が『裸の王様』になっていた事に気付いたのだ。僕が関東人だと思っていた方々の大半は、実は関東人ではなかったのだ。 彼らは、『エセ関東人』だったのだ。

軽い冗談のつもりで作ったネタだったが、予期せず、大変な嘘を暴いてしまう結果となった。

このことに気付いて僕はひどくがっかりした。関西人は、関東人の仲間入りしたいと思っているくせに、関東人を関西人の仲間に入れるつもりはさらさらない... という事がはっきりしたからだ。

意外と排他的で冷たい関西人の性悪さを思った。

※ 『エセ関東人』は、大抵関西人(≒西日本人)だ。何故かというと、関東人と東北人は(勿論人にもよるが)気質的に近く、東北人(≒東日本人)が言葉を関東弁に直すと、(勿論人にもよるが)比較的関東でもよくいる感じの人になるからだ。また恐らく、北陸は地域によって大きく異なり、西日本・東日本と単純に割り切れない面があると思われる。詳細は、別紙に改めたい。



『エセ関東人』の存在 ─── この発見は、僕の考え方に大きな影響を与えた。

参照:おかあつ日記・何故ネットは炎上するのか───和製アナーキストの限界

大抵、ある人を見た時、しばらく観察することで、その人が『どこから来たか』を知ることができる。だがこれには、大きな『例外』がある。何故『例外』が生まれるのか・・・ 僕は非常に長い間、その例外が生まれる理由がわからずに悩んでいた。

例えば、東京地元人は(勿論地域によって大きな違いが存在するものの)、微妙な言い回しや、通じる常識の違い、関東ローカル弁を話すところや、地元の人しか知らない道を知っていることなどから、『東京地元人』と見分けることができる。

また、関西弁を直さない=直す気がないというタイプの関西人も多いが、このタイプは当然、すぐに関西人とわかる。また東北人も、その独特な気質から比較的すぐに東北人とわかる。何故かはわからないが、僕個人的には、九州の人はとても判りやすい、と感じる。

─── だが、どこから来たのかさっぱりわからない、何を考えているかさっぱりわからない人たちが、沢山残るのだ ─── 残りの人は、一体どこから来たのか?  ─── 関東人のようで関東人でない。関西人のようで関西人でない。明らかに東北人でもない。北陸とも違う。四国とも違う。九州とも違う。彼らは一体何者なのか ───  それは、僕の人生の最大の謎でもあった。

その『ダークマター(謎の暗黒物質)』の正体。それが関東人の真似をした関西人=『エセ関東人』だった。

東北人と関西人の違い

この『エセ関東人』について論じる前に、まず、日本国内でもあまり知られていない、東北と関西の大きな気質の違いの存在について、説明したい。

東北人も関西人も、大半の人が気づいていないが、関西人と東北人は、(勿論人にもよるが)外人同士なみに気質が違う。だが、この致命的なまでに大きな違いが存在することを、何故か東北人と関西人の両方が納得しない。

東北の人らは(勿論人にもよるが)一般的に、我慢強く、勤勉で、作業が非常にきめ細かい。最悪に怠惰な人間でも、(勿論人にもよるが)ある程度の勤勉さがあるのが普通だ。恐らく厳しい気候がそういう生真面目さを要求するのではないか。もちろん関西にもきめ細かい人はいる。だが東北の人たちの極端なきめ細かさを見た後では、「東北の人ほどではない」と言わざるを得ない。

また、東北の人らの他人に対する執着のレベルは、(勿論人にもよるが)関西とは比較にならない程高い。西日本人が「まぁそこまで言ってもしゃあないわ」というレベルを軽々と凌駕した点まで他人に指図したがる。非常にしつこい。

何でも真正面から取り組んで問題を解決しようとする東北人に対して、その問題に正面から取り組むことなく、なんとか回避しようとする関西人。何でも言われたことを真に受ける東北人と、基本的に人の話を聞いていない関西人。

他にも沢山の特徴的な違いがある。

これだけ違いが大きいと、関西人がいくら東北人/関東人の真似をしても、(勿論人にもよるが) 全く似ても似つかない。

僕がこうやって説明しても大半の関西人が、「はは!そらさすがにいいすぎやろ!」といって信じない。だが実際に目の当たりにすると例外なく「うわ!ほんまや!」と青ざめる。

大半の関西人は、東北人を見たことすらない。同様にして、大半の東北人は、関西人を見たことすらない。よって、お互いがお互いの違いを知らない。

僕は、関東育ち関東生まれだが100%関東人ではない。僕の血筋には、合計すると30%〜40%程度は西日本の血筋が入っているらしいのだが、詳細ははっきりしない。いずれにせよ、子供の頃から身辺で、関西人と東北人を同時に見てきた。関西人と東北人の『大きな違い』 を日常的に経験してきた ─── むしろ、関西人と東北人の板挟みになって、常に二枚舌を使うことを強制されてきた...といっても過言ではない。

よって、そこで見聞きしたことを誰でも解るように丁寧に説明しようと思うのだが、しばしば、東北人に関西人の気質を説明するのは非常に疲れる作業であり、同等かそれ以上に、関西人に東北人の気質を説明するのも非常に疲れる作業だ。

※ 関東人は、東北が混ざって東北の気質を受け継いでいる人が多い為、関東人と東北人の基本的な気質は近いところがある。ここで『東北』と言った場合、多分に『関東』も含んでいる。

※ 『勿論人にもよるが、関西人と関東人は似ても似つかない』・・・ 例えば実際に、僕の側近に多い『悩みがち』な関西人の話を聞いていると、しばしば「もし彼が関東で生まれ育っていたなら、まず間違いなく、こんなに激しく悩まなかったろう(=関東だったら全然普通)」...という人がよくいる。彼らは、関西では少数派で、しばしば虐められている。 ───  「◯◯人は☓☓だ」という話は、飽くまでも『頻度』の話であって、究極を言ってしまえば、日本人の先祖は全員それぞれ異なるとしか言いようがない。日本では、全ては人による ─── これは、日本外の大陸人と比較すると、恐ろしく奇妙なことだ。大陸人は、皆それぞれがどこから来たか比較的はっきりしている。

キモい粘着質な関東人

僕が見ていて面白いと思うのは、関西人はしばしば、関東・東北人を見たときに『粘着質』『キモい』といってバカにすることだ。ひょっとしたら、関西人の方は、相手を関東人・東北人と意識していないかも知れない。だが客観的に観察していると、関西人が『キモい』という言葉を投げかける相手は、(勿論、例外も多いが)しばしば関東人・東北人だ。

関東人・東北人は(勿論、人にもよるが)基本的にしつこくて粘り強いのが普通なので、それに違和感を感じたり、それを批判したりすることは、あまりない。よって、他人を見て『キモい』『粘着乙』という感想を述べることもない。つまり、『キモい』『粘着乙』というようなフレーズを多用する人はしばしば、関西人だ。

この『キモい』という言葉には、気持ち悪いという意味合い以上の意味合いが込められている。それを以下で見てみる。


・関西的内向性

僕が、関東人の視点から関西人を見ると「ちょっとあきらめが良すぎない?」と思うことは少なくない。『粘着質』『キモい』というのは、ひとつの才能でもある。これを関東弁では『粘り強い』という。 また、『粘着質』でない『キモ』くないことを、しばしば関東弁で『堪え性がない』と呼ぶ。

関西人はしばしば、何かの問題に粘り強く当たろうとする人を見ると、『キモい』と批判する。仕事上の問題である場合は当然のこと、特にそれが人間関係上の問題である場合に、顕著にその傾向が表れるのではないだろうか。

関東人と関西人が話し合うと、言葉の上の違い以上に、その考え方の大きな違いと直面することになる。そんな時、(勿論人にもよるが)関東人はしばしば、相手に対して一定の執着を見せ、分かり合うまで話しあおうとする傾向がある。ところが、ここで関西人は、(勿論人にもよるが)しばしば「ほんまキモいわぁ」「ほんましっつこいわぁ」という捨て台詞と共に逃亡する。わかりあうまでの『話し合い』という作業に興味がない。わかりあいたくない。わかりあうつもりがない。だが、それを『キモい』という方便を使って正当化した上で、一目散に逃げ出す。

つまり関西人は、(勿論人にもよるが)よく喋るので一瞬外向的に見えるが、実際には他人にほとんど興味がなく、非常に内向的だといえる。

・関西的ナルシズム

キーワード『関西人あるある』で検索してわかることは、大半の関西人は自分にしか興味がなく、他者にあまり興味がない…ということだ。


この様に、自分(関西)を説明したがる人は無数に見つかる。だが他者と自分との違いを考察した記事は、滅多に見つからない。

自分の事ばかりを説明したがるのは、内向的である証拠だ。本来であれば全く逆に、自分のことを解ってもらいたいからこそ、まず相手のことをよく理解しなければいけない。

自分のことを説明する為には、まず相手の事を理解する必要がある。自分自身の事を説明するためには、ただ単に思ったことを書くだけでは不十分だ。説明する相手のことをよく理解した上で、自分と相手との文脈の違いをきちんと解き明かしながら、自分の事を丁寧に解き明かしてゆく必要がある。

僕が、東北のことや、関西のこと、九州のこと、あるいは、タイのことや、ラオスのこと・・・『他者』の考え方に興味を持っている理由は、他でもない、他人に対して自分の事をわかりやすく説明したいという点ひとつに尽きる。

この辺が、関西と九州で大きく違うところではないか、とも思う。 九州人は(勿論人にもよるが)、関西人と比べると、もう少し他人に興味がある人間が多いのではないか。

この様に『よく喋るが案外と内向的で他人に興味がない』というのが、(勿論人にもよるが)関西人に非常に特徴的な気質ではないか。


・関西的諦観

僕が今滞在しているタイの首都・バンコクには、日本企業で働いている関西人が非常に多いのだが、バンコク滞在歴が10年以上ある日本人でも、きちんとタイ語が話せる日本人は、極めて稀だ。 僕はバンコクに居て、片言の幼稚園児レベルのタイ語を話してドヤ顔になっている日本人を見ると、正直いって、日本人としてかなり恥ずかしいと感じる。

日本人にとってタイ語は、決して難しい言語ではない。英語のように日本人に馴染みがなく理解が難しい発音や概念がたくさんある訳ではない。ちょっとした気長さがあれば必ず身につけられる言語だ。だが、在タイ日本人には、その『ちょっとした』気長さがない。

『石の上にも3年』というが、できるようになるまで数年に渡って粘り強くひとつのことに取り組み続けるというのは、ひとつの能力だ。だが関西人を見ていると、しばしば「あぁこりゃムリ」「日本人にはムリ」と実に潔く諦める。そして粘り強くことに当たる人間に「キモいわぁ」「しっつこいわぁ」という自己正当化の煙幕を投げかけた上で、逃亡する。

おかあつ日記・北京語の3声の真実 に、タイ語の特定の声調を聞き取ることは、日本人にはムリ、とあっさり諦めてしまう人らについて言及がある。実際には、その聞き取りにくさには合理的な理由があるのだが、彼らは何も考えない。3秒以上考えてわからないことは全て無理なのだ。

僕の話は、大抵『長い』 ─── 僕がタイ語の文法の話や、タイ語の方言の発音の変化の話などをすると、必ず「話が長い(おーまぁーえーのぉーはーなーしーはーなぁーがぁーいぃねーん・と発音)」といわれる。

実際には、僕の話は10秒程度しか続いていないのだが、10秒以上話すと話が長いと言われる。そういう気の短い関西人が、1話50分以上ある吉本新喜劇を休みなく観劇できるということが、僕には奇跡のように感じられる。

恐らくだが、関西弁で『話が長い』というのは、関東弁でいうところの『貴方の話は、難しすぎて私には理解できません。また理解するつもりもないので、もうその話は辞めて下さい。』という意味なのではないか、というのが今の僕の推測だが、詳細は不明だ。

参照: 空気を読む日本人・空気を読まない日本人(2012年)



・関東と関西でよく見られる『系統』の違い

関東で生活していると、仕事でも遊びでも、緻密さをもって網羅的に調べ、それが身につくまで練習を欠かさない、という『強化系』タイプの人が相当数いる。例えば、たかだがラーメンを食べるだけでも、特定の地域に注目し、そこにあるラーメン屋を網羅的に調べ、系統立てて整理し、毎日のノルマを決めた上で、連日ラーメン屋を巡り歩き、訪問レポートを書いて、それを個人的にデータベースとしてまとめている… という様な『無意味に緻密』なタイプが関東にはいる。こういうタイプが、関西には居ない…全くいないわけではないが、あまり見掛けない。

関東には、こういう『粘り強さ』と『力技』で、問題に真正面から取り組んで解決することが得意な『強化系』の人間が相当数いる。こういう人間と真正面から衝突して勝負するのは、相当に骨の折れることだ。

関西人は、関東人と対決するにあたって、少し考えるところがあるようだ。

僕が関西人を観察して気付いたことは、彼らはしばしば、こういう『強化系』の人間に『しつこい』『キモい』『粘着乙』的な言葉を投げかけ、精神的に揺さぶることで、イニシアチブを握ろうとすることだ。 『強化系』の人間は、しばしば極端にバカ正直なところがあり、言われたことを真に受けて全て信じてしまうところがある。そこを応用し「いくら能力が高くても、人格が破綻していたら意味がない」というような論理に持ち込むことで、相手を精神的に腰砕けにして、イニシアチブを握ろうとする。

関西人はしばしばこの様に、相手とのコミュニケーションの中で、向かい合っている問題に対する認識を変化させて、問題を正面から解決することなく、相手と有利に交渉しようとする『変化系』の人が多い。

『キモい』という言葉には、そういう関西的劣等感を優越感にすり替えるトリックが仕掛けられている。

※ なお、ここの『◯◯系』という用語は、漫画『ハンターxハンター』に出てくる能力分類 を参考にしている。この漫画内の世界では、能力の系統によって性格が違うという考え方に基づいた 系統別性格占い という物が登場する。これは飽くまでも、架空の漫画内の世界観ではあるが、この視点は、日本社会の複雑な民族構造を鋭い視点で切り出している...と僕は思う。

 ・漫画キャラがエセ関西弁を話す本当の理由

藤子不二雄F作のパーマンに登場する『パーやん』をはじめ、うる星やつら等々、登場キャラクターがエセ関西弁を話す作品は、珍しくない。ネット上を見ていると、マンガのキャラクターがエセ関西弁を話すことに苛立つ人は多いようで、ネットを検索すると多くの関西人による批判的なコメントを見つかる。

そもそも何故、マンガのキャラクターは、エセ関西弁を話すのだろうか。

 ─── 答えは簡単だ。ほとんどのマンガが関東製(東北製・北陸製)だからだ。

マンガを描くというのは、緻密さと粘り強さの両方を求められる作業ではないだろうか。 これは、『キモ』くない人・『粘着質』ではない人には、向かない作業だ。 ネトウヨ系やオタク系の人々(関東〜東北に多い)を『キモい』『粘着質』と蔑む人にマンガは描けない。

多くの日本発サブカルは、西日本だけでは回ってゆかない。




(勿論、人にもよる。)


関東弁を話す関西人

・関東弁と標準語の違い

関東弁と標準語は違う。標準語は、敬語とも呼ばれる。敬語とは、日本各地から集まった様々な背景を持った人々がお互いの違いを敬いあうことを目的として話す言葉だ。つまり標準語は、相手を敬うためにある。一方、関東弁は標準語ではない。標準語と関東弁はしばしば混同されるが、全く違う言葉だ。一口で関東弁といっても地域によって色々あるが、基本的に非常に汚く、発音変化が激しい、聞き取りにくい方言だ。

ちなみに、僕が馴染みがある方言は「漁師言葉」と言われ、大概は「てめぇ」「このやろう」「こんちくしょう」が連発する非常に荒っぽい方言だ。「あい」と言えず、全て「えい・えぇ」に変わる。(うるさい→うるせい・しらない→しらねぇ)学校や職場などの公の場でこの話し方をすると、必ず怒られる。使う機会といえば喧嘩の時ぐらいなものだが、非常に語気が荒く、極めて失礼な表現が多いので、喧嘩の時ですらあまり使わない。

関東弁も地域によって大きく違うので、色々と異論のあるところかも知れない。だが、ひとつだけ確実に言えることは、関東弁はテレビの中の芸能人が話すような話し方とは全く違う、ということだ。

よって関西人がいくら流暢に関東弁を話しても、関東人と見分けが付かなくなることは、まずない。その間違いに気が付かないのは、話している相手も同様に非関東人(≒非東北人=関西・九州・四国)だからだ。



非常に良い着目点であるにも関わらずRTが1しかない。差し詰め、関西人が認めたがらない『見苦しい現実』のひとつ...ということだろうか。

・敬語を喋っても、関東弁を喋るべきでない

僕は、関西人が敬語を話すことに関しては、何も思わない。敬語は標準語だからだ。だが関西人が関東弁を話すのは、明らかに違う。 聞いていて非常に気持ちが悪い。「おまえ、関東人ちゃうやろ!関西弁しゃべりぃや!」と叱責したくて仕方がなくなる。関東っぽく話していても、絶対に関東人ではないと即座に解る。絶対に関東人ではないのに、延々とぎこちなく関東っぽく話そうとする関西人 ─── これを目撃した時の強烈な違和感は、筆舌に尽くしがたい。

関東弁を話す関西人は、しばしば、それを格好の良いこととして認識しながら話しているところが散見される。これが非常に気持ちが悪い。当然だが、関東弁を格好良いものとして認識しながら話している関東人など、いない。

僕が住んでいるバンコクには、日本人が多いが、その日本人の95%程度は関西人だ。つまり、普段関東弁を話していたとしても、関東弁を話す方も、その関東弁を聞く方も、どちらも関西人というケースがほとんどであり、しかもそれを周囲で聞いている人らは、日本語がわからないタイ人ばかりだ ─── であるならば、関西弁を話せば良いではないか。あるいは、標準語でもよい。だがそこで、関東弁を話すというのは、間違っている。

そもそも、大半の関西弁は、殆どの場合、関東人でも理解できる。無理に関東弁に修正する必要はない。関西弁まじりの敬語であれば、尚の事そうだろう ─── 無理して関東弁を話す理由は、何もない。

関西人同士で関東弁を話す違和感だらけの謎の集団 ─── この不条理感を見たあとで、明らかに日本語が上手でないタイ人の通訳に向かって、大きな声で関西弁をまくし立てている関西人を目撃すると、更に輪をかけて強烈な違和感が巻き起こる ・・・ 日本語がネイティブではないタイ人の通訳にそんな早口で関西弁をまくし立てても、理解できる訳がないではないか。 てか、何故そこだけ関西弁になる。



※(参考) 間六口氏のバナナのたたき売り(高知放送)


─── 見事な売り口上でとてもおもしろい。リズミカルな売り口上は、大変に素晴らしく、僕もしばし笑いながら聞き惚れさせて頂いた。

彼のリズム感のある江戸弁だが、関東人が彼の話し方を聞けば、彼が少なくとも関東人ではないことは、判る。アクセントが微妙に異なるからだ。白いハンドバッグの「白い」を、彼は「し ̄ろ_い_」と発音している。関東人は「し─ろ ̄い_」と発音する。また「先生」を、彼は「せ ̄ん_せ_い_」と発音している。関東人は「せ ̄ん ̄せ ̄い_」と発音する。

これは、関東弁ネイティブにとって、訛っているという程の強い違和感ではない。だが、少なくとも彼が関東人ではないこと程度は、わかる。

勿論、日常生活上、いちいちこの様なアクセントの違いを指摘するのは、無意味かつ、失礼なことである以上、大抵の関東人は、これくらいのアクセント差を言葉として出して批判することはない。

だが、『どんなに関東アクセントに直したつもりでいても、しばしば関東人には、関東人でないということがわかってしまう』...ということは心に留めておいた方が良い。関東人のふりをして延々、演技を続ける人を見るのは、痛々しいものだ。



エセ関東人が蔓延する理由

「そんなことないわ、関東弁しゃべっても、みなきづかへんわ」という向きも多いだろう。それは、相手もエセ関東人だからではないか。

これは飽くまでも僕の予想だが、多くのエセ関東人は、相手が関西人であると気付くと、尚の事、自分が関西人であるということを隠したがるのではないだろうか。

相手が関西人であれば尚の事、関東人のふりをして関西人に意地悪をしたくなるエセ関東人。 だが案外と内向的で人間観察力が低く、相手がエセ関東人であることを見抜けないエセ関東人。

関東とは、そういう『エセ関東人』=隠れ関西人の住む地なのではないか...と。

結果的に、無実のネイティブ関東人がその虐めの罪を全て引き受ける ─── 「あぁあぁあぁ東京者(とうきょうもん)は、ありえへんわ、ほんま。」「あぁあぁあぁ東京者(とうきょうもん)はえぇなぁ、おいしもんばっかたべて、えぇなぁ。」  ─── こうして「とうきょうもんは、つめたい」という都市伝説が独り歩きしてゆく。

本物の東京地元人は、(勿論人にもよるだろうが、僕が知る限り)相手の方言に頓着がない。関東はしばしば、そこにいるみんな癖が強く、そこにいるみんな喋り方が違うという『多方言環境』で育っているので、相手の違いをいちいち取り沙汰しない傾向がある。相手によって柔軟に話し方を変える人も多い。

また、東京地元人は都内でも少数民族で、その引きこもりがちな性質から、職場などで出会う可能性も低く、関西人が関東に来ても恐らく出会う機会は少ない筈だ。

 ─── つまり、飽くまでも可能性としてだが、関西人に意地悪ばかりする『関東人』は、実際にはほとんどのケースでエセ関東人=隠れ関西人 ...ということも、充分ありえるのではないだろうか。

・・・ 更に踏み込むと、

僕は、関東生まれ関東育ちだ。関東・東北人の極端な排他的な気質を、身近な体験として知っている。関東人の執念深く無口で口下手・陰険といった気質に散々傷めつけられていた僕は、関西人に、おおらかで話上手で仲良くなりやすい、という印象を持っていた。僕には、関西に対する漠然としたあこがれがあった。

前述した、僕が幼少時より見てきた関東人(東北人)・・・ これが既に、エセ関東人だった可能性はないのか。


教えてgoo : なぜ関西人は関西を離れれば関西弁がわざとらしくなる? を読む限り、僕の予想は概ねあたっていたのでは... という手応えを感じている。これは、関西人の複雑な本音が垣間見られるQ&Aではないか。

関東人の真似をする関西人に反感を持ったり、真似をしない関西人に反感を持ったり。 いざ関西弁をしゃべろうとすると、いつの間にかぎこちなくなっているイントネーション。 慌てて関西人としてのアイデンティティに固執したり、しなかったり。とはいえ、関東弁もまともに話せず、途方に暮れる。そして、そんな弱っている関西人を見ると、鬼の首をとったかのようにサディスティックな追撃を加える陰湿な関西人。

 ─── 関西というアイデンティティ崩壊の危機に晒されている関西人の苦しい本音がここに露呈しているのではないか。

そんな言葉にできない見えない苦しみが、関西弁をしゃべろうとする関東人(東北人)に対するほとんど虐めと言ってもいいような『エセ関西人の見分け方』の流行として噴出しているのではないか。


終わりに

関東人が関西弁をしゃべると「気持ちが悪い」とさんざんに怒られるのに、関西人は気持ち悪い関東弁をしゃべりたい放題。そういう荒唐無稽の不条理マンガの一幕のようなこの状況に一石を投じたいと思い、この記事を書いた。

人は誰でも、なまっているものだ。 人は誰でも、自分の言葉を持っている。人は成長し、行動範囲が広がってゆく。そして、自分の言葉以外の言葉も身に着けていく必要に迫られる。そういう中で、誰もが、やむをえず『気持ち悪い』言葉を話してしまうものではないか。

関西弁を話すキモい関東人 ───


それくらい、ゆるしてやったらどうや。




参考:
おかあつ日記・何故ネットは炎上するのか───和製アナーキストの限界
おかあつ日記・日本という秘境
おかあつ日記・同調圧力の起源 (ドラフト)



更新記録
(Tue, 13 Sep 2016 01:28:50 +0700) ビデオを追加した。


(Thu, 10 Nov 2016 01:21:17 +0900) タイトルを『エセ関東人の見分け方がおもしろ過ぎる件www』から『エセ関西弁とは?』へ変更した。