FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2011年5月22日日曜日

(イサーン語・ラオ語オタク向け) 形容代名詞と対応する指示代名詞 (mixi05-u459989-201105221423)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
(イサーン語・ラオ語オタク向け) 形容代名詞と対応する指示代名詞
2011年05月22日14:23
イサーン語(ラオ語)には、何故か、日本語にも英語にもない、代名詞の形容詞版の様な単語がたくさんある。 タイ語にもいちおう似たような言い方はあるけども、ラオ語ほど多彩で確立的でない。 形容代名詞は、10個くらいあって、複雑なニュアンスを持って使い分けられる。 外人には、とても使い分けが難しい。

また、ラオ語には、何故か「あれ」「これ」「それ」に対応する単語がたくさんあって、やっかいなことに、形容代名詞によって対応する指示代名詞が異なる。 これも外人には使い分けがとても難しい。

ປາໃຫຍ່ສຳ່ນີ້ paa nyai sam nii 「これくらいの大きな魚」
ບໍ່ເຈັບປານໃດ bo jeb pan dai 「大して痛くない」
ຢ່າເຮັດຈັ່ງຊີ້ yaa hed jang xii「そういうことやめろ」
ງົວປານນີ້ໃຫຍ່ອີ່ຫລີ ngua pan nii yai ili 「この種類の牛は本当に大きい」

つまり、ラオ語で何かを言うとき、ある状況に対応する形容代名詞と、それに対応する指示代名詞を全部覚えていなければ正しく話すことが出来ない。 これをきちんと覚えていなくても、一応はラオとして通じる言い方で話す事が出来る。 だけど、どうしてもタイ語臭いというか、それを聞くラオ人に「タイ語が得意なのだけど一応ラオ語も勉強しました」という根性の入っていない印象を与えがちだ。 きちんとラオ文化に対する敬意を表明するためには、この形容代名詞を使い分けることが必要であろう。

僕が今知っている限りの形容代名詞と、対応する指示代名詞を、表にまとめてみた。ラオ語が読めないと、単なる眠たい暗号文だと思うし、これをスラスラ読める様な人は既に当たり前な事として知っている事かもしれないのだけど、ひょっとしたら誰かが読んで大喜びするかもしれない、などとという淡い期待を持ってこうしてアップロードする次第である。

参照:本日作成した表
http://ats.oka.nu/docs/lao-pronoun.pdf

====================================

各 形容代名詞の説明

○ ຈັ່ງໃດ チャンダイ
「どの様に」 基本的に行動の様子を表すが、一番オールマイティーに使える。
ເປັນຈັ່ງໃດ =「調子はどう?」

○ ຢ່າງໃດ ヤンダイ
「どの様に」ラオ語ではあまり言わない。使い方は ຈັ່ງໃດ とまったく同じ。 タイ語的。(ちなみにラオ語の方言には ダ行が訛ってラ行になってしまう地方が多々ある。 訛るとタイ語と同じ ヤングライになってしまうところが興味深い。)

○ ແນວໃດ ネウダイ
「どの様に」ラオ語・イサーン語共、日常的に多用する。 ແນວ は単純に 物事を表す言葉。例えば ແນວກິນ で食べ物という意味になる。


○ ສຳ່ໃດ サムダイ
「どれ位」 量や大きさ、高さを表す。 ニターンコムの話の終わりでよく、「ຈົບ! ສຳ່ນີ່ລະ」(チョップ!サムニーラ!)(=「これで終わり!」) と言って終わりになる。

○ ປານໃດ パンダイ
1.「どの様に」 ປານ は基本的に動物の種別を表す。 ພໍປານ で 種牛の事などを指すこともある。
2.「どれ位」 強度を表す。但し否定形と疑問形でしか使わない。(というか、僕は疑問形で使っているところしかみたことがない。)「 ເຈັບປານໃດ? どれ位痛い?」 「ບໍເຈັບປານໃດ 大して痛くない」 ... ところが「 ເຈັບປານນີ່ これ位痛い」 とは言わない。

○ ຊະນິດໃດ サニットダイ
「どの種類?」 ຊະນິດ は、物の種類を表す。 これが一番抽象的「種類」という意味に近い言葉。基本的にປານ や ແນວ を使うが、ປານ や ແນວ でカバーし切れない部分を ຊະນິດが 仕方なく補う感じ。 実は何にでも使える。 口語ではあまり使わない様な気がする。

○ ປະເພັດໃດ パペートダイ
ປະເພັດ は 抽象的な物・公式な物の種類を表すらしい。 「レベル」という意味もある。 例えば、免許の種類等公式な物の種類(というか一種二種みたいなレベルの違い)を示す。 他にも、巻きタバコの葉の種類を、ラオスでは ປະເພັດ 1 とか ປະເພັດ 2 の様に数字で呼ぶらしい。 タイでは各種のタバコの葉がありそれぞれ商標がある。イサーンではほとんど言わない。 個人的に ປະເພັດ には 何か数字がつく印象がある。 タイ語の ประเภท と同じ。

○ ແບບໃດ ベープダイ
ແບບ の 基本的な意味は「デザイン」や「様式」。 転じて色々な意味に使う。 何にでも使える。 ຈັ່ງໃດ の代わりにも使えるが、若干タイ語的な響きを感じさせるところがある。

コメント一覧
退会したユーザー   2011年05月22日 14:52
種類(タイ)ຊະນິດ これはタイ語っぽい、ということですか?
おかあつ   2011年05月22日 15:01
僕もよくわからないですが、ຊະນິດໃດ は 普通は ປານໃດ っていうと思います。 聞いた人の出身によって「それは正しい」とか「それは正しくない」とか色々言われると思います。 ことに、ビエンチャン人に聞いたら100% ຊະນິດໃດ は ラオ語だって言い張る様な気もします。 だけど僕個人的な意見としては ຊະນິດໃດ は 結構タイ語っぽい言い方である気がします。 僕個人的な意見としては、大方のラオ人は大抵 ປານໃດ って言うと思います。

僕がこの言い方を拾ったのは 哲ちゃん辞書です。 耳からじゃないのです。
だから
・ビエンチャンっぽい言い方の可能性
・そもそも辞書が間違ってる可能性
とあると思います。

ຊະນິດໃດ って僕はあまり言わない言い方だと思うのですが、ひょっとしたら辞書が間違ってるだけかもしれないです。
おかあつ   2011年05月22日 15:10
もちろん ຊະນິດໃດ でも 100%通じるけど、どちらの方が普通の言い方かっていう話で。こと 日常会話上 ງົວຊະນິດໃດ とか ほとんど言わないと思う。 今度哲ちゃんに会って聞いてみます。
退会したユーザー   2011年05月22日 16:11
「種類」は ຊະນິດ ປະເພັດ ແບບ で、ປະເພັດは文章を書く時くらいしか使わない、とりあえず ຊະນິດ を覚えましょう、と教わりました。
「この3つの単語はどれも種類という意味です」と書かれても例文が無いと使い方がわかりませんね..。ປານນີ້ とも言うのですか。

ປານໃດ の使い方は 形容/副詞+ປານໃດ しか知らなかったので、種類の意味での使い方は明日聞いてみます。(辞書にはのってませんでした)



>僕がこの言い方を拾ったのは 哲ちゃん辞書です。 耳からじゃないのです。
だから
>・ビエンチャンっぽい言い方の可能性
>・そもそも辞書が間違ってる可能性

その両方みたいです。

アジア国際支援財団の辞書(難民用)は、殆ど間違いが無いようです。全部で3冊あります。今度お見せします。

タラートサオで、絶滅寸前の?ラオ-ラオ辞書が手に入るそうです。B5サイズで厚さ10センチくらい、たぶん80ドルくらい、とのことです。



おかあつ   2011年05月22日 18:41
> 「この3つの単語はどれも種類という意味です」と書かれても例文が無いと使い方がわかりませんね..。ປານນີ້ とも言うのですか。

○ ຊະນິດ
これが一番抽象的「種類」という意味に近い言葉ですが、実はラオス語ではあまり使わない。

○ ປະເພັດ
これは、ラオス語の標準語でものすごくよく使う言い方で、種類というよりは、どちらかというと「レベル」という意味の方が強い様な気がします。 免許の種類とかそういう公式な物の種類(というか一種二種みたいなレベルの違い)を示すことが多い様に思います。タバコの種類も ラオスでは ປະເພັດ 1 とか ປະເພັດ 2 とか呼んだと思います。 イサーンではほとんど言わない言い方です。ປະເພັດ には 何か数字がつく印象があります。 ... そういえば 確かタイ語にも同じ単語があったような気がします。

... 今、調べてみたらありました。
ประเภท 種類, タイプ,[しゅるい,たいぷ ~抽象的な名詞の時はchanitの替わりに使う~] (PDIC-THAIより引用)


○ ແບບ
基本的な意味は「デザイン」や「様式」で、転じて色々な意味に使います。 何にでも使えます。 口語で一番よく使われます。

以上、とてもタイ語的というか、ビエンチャン語的というか、そういう感じのする言い方です。
おかあつ   2011年05月22日 19:07
○ ຈັ່ງໃດ
「どの様に」 基本的に行動の様子を表すが、一番オールマイティーに使える。
ເປັນຈັ່ງໃດ =「調子はどう?」

○ ຢ່າງໃດ
「どの様に」ラオ語ではあまり言わない。使い方は ຈັ່ງໃດ とまったく同じ。 タイ語的。

○ ແນວໃດ
「どの様に」ラオ語・イサーン語共、日常的に多用する。 ແນວ は単純に 物事を表す言葉。例えば ແນວກິນ で食べ物という意味になる。


○ ສຳ່ໃດ
「どれ位」 量や大きさ、高さを表す。 ニターンコムの話の終わりでよく、「ຈົບ! ສຳ່ນີ່ລະ」(チョップ!サムニーラ!)(=「これで終わり!」) と言って終わりになる。

○ ປານໃດ
1.「どの様に」 ປານ は基本的に動物の種別を表す。 ພໍປານ で 種牛の事などを指すこともある。
2.「どれ位」 強度を表す。但し否定形と疑問形でしか使わない。(というか、僕は疑問形で使っているところしかみたことがない。)「 ເຈັບປານໃດ? どれ位痛い?」 「ບໍເຈັບປານໃດ 大して痛くない」 ... ところが「 ເຈັບປານນີ່ これ位痛い」 とは言わない。

○ ຊະນິດໃດ
「どの種類?」 ຊະນິດ は、物の種類を表す。 基本的にປານ や ແນວ を使うが、ປານ や ແນວ でカバーし切れない部分を ຊະນິດが 仕方なく補う感じ。 実は何にでも使える。 口語ではあまり使わない様な気がする。

おかあつ   2011年05月22日 19:17
> タラートサオで、絶滅寸前の?ラオ-ラオ辞書が手に入るそうです。B5サイズで厚さ10センチくらい、たぶん80ドルくらい、とのことです。

これ、持ってます。

でも、これがラオ語の面白いところというか、困ったところというか、辞書に書いてあるから絶対に正しいと限らないというか…。

退会したユーザー   2011年05月22日 19:25
なるほどー。ありがとうございます。
おかあつ   2011年05月22日 19:34
日記にも書き加えました。 ちょっと変更しました。
おかあつ   2011年05月22日 21:56
表も書き加えました。 この表作るので一日終わった…。
おかあつ   2011年05月22日 22:04
PDF をサーバーにアップロードした。
http://ats.oka.nu/docs/lao-pronoun.pdf

 
出展 2011年05月22日14:23 『(イサーン語・ラオ語オタク向け) 形容代名詞と対応する指示代名詞』