FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2011年1月30日日曜日

無駄遣い (mixi05-u459989-201101300201)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
無駄遣い
2011年01月30日02:01
今日は無駄遣いした。

前から目をつけていたKOCHのアンプを買った。 これは中国に居るとき、どんなに高いお金を出しても良いアンプは手に入らないということを悟り、日本でアンプを買って中国に持って行って演奏したら、それだけでヒーローになれる筈だ、という甘い読みもあったが、結局のところ、前から欲しかったので、色々な理由をこじつけて自分を納得させて購入しただけである。

おととし位に、同様にして、ギブソンのフルアコースティックギター ES-175のリイシューモデルを購入し、倉庫に放り込んだことがある。 これも同様にして、長らく目をつけていたギターだった。 今買うと40万ぐらいするが、まだ山野楽器が輸入していたころの製品で、半額ぐらいで買えた。 このギターは僕が19歳ぐらいのころから長らく長らく欲しかったギターだ。 買ったはいいが、弾く時間がないというのは、なんとも皮肉な事だ。

実は、ES-175リイシューと、KOCHのアンプは、黄金コンビだということに、前々から気がついて居た。 だから、迷わなかった。

あとコンプレッサーを買った。 これも5年ぐらい前から目をつけていた、T.C.ELECTRO のデジタル コンプレッサーを買った。 綺麗なクリーントーンを出そうとするとき、高品位なコンプレッサーをつなぐのは、実は定石だ。 これがないと、アンプの特性のクセにハマった時に「ボ!」って音が出たり、小さい音で弾こうとすると、音が「カリカリ、カリカリ」言って耳障りだったりする。 コンプレッサーをつなぐことで、アンプに安定したクリーントーンを奏でさせる事が出来るのである。

世界中どこに行っても真空管アンプぐらいはたいした値段もせずに購入できる。 これに、デジタルコンプレッサーとES-175リイシューがあれば、世界中どこに行っても納得の出来る音は出るだろう。



今日は、久しぶりにマトモなギターを弾いた... 音がいいので、妙にテクのアラが目立つ。 やっぱりちゃんと練習しないと、ダメだな。

とはいえ、何というか、出来ない事は出来ないし、頑張ってもムリなことはムリだし、それ以上でもそれ以下でもないというか、気合入れても変わらないものは変わらないし、フーっと力抜いて適当にギター弾く。

ギターとアンプは買ったが、弾く場所がない。 どうするか。

楽器さえそろってれば、バンコクや昆明でも営業出来るな。多分。 スタンダード演奏して、食えるかな。ジャズは北にいくほど流行る気がする。 北京でもジャズシーンを見てくるかな。



あと S-FOUR という インラインスケートのお店に行った。 ギターの次に好きな趣味はスケートだ。 新しいスケート靴も買ってやろうと思ったら、店のお兄さんに「まだ早い」とたしなめられて、売ってくれなかった。 ウィールを付け替えて我慢しやがれ、という話だった。 先輩の言うことは信じた方がいい。 僕の靴でもスラロームは出来ると言っていたし。 こんなんで商売になるんか、とちょっと心配にはなったけど、ものすごく信頼の出来るお店だと思った。

これで中国の太極拳プレーヤーで溢れる東風広場に行って、中国のジョントラボルタを目指す訳だ。
コメント一覧
小姐   2011年01月30日 12:02
いいですねー!

タイにはギター持ってきてないので、昆明帰ってギターの練習するのが楽しみです!!


今からスクンビットのゲストハウスにチェックインしてきます。

おかあつ   2011年02月01日 00:58
つい先週スクンビットに居ました...一週間違いになってしまいました。 取り敢えず用事をどんどん片付けて、北京に向かいます。 北京で勉強するか、そこから昆明に降りていくか...そこが問題なんですが...。

 
出展 2011年01月30日02:01 『無駄遣い』