FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2009年3月30日月曜日

激しい下痢の結果 (mixi05-u459989-200903302252)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
激しい下痢の結果
2009年03月30日22:52
医者に行こう、と思ってからが大変だった。 体は痛いし、おなかは痛いし、何か食べればすぐ出ちゃうし、ノドがカラカラだし、でも水飲んでもすぐ出ちゃうし、どうにもならない。 とにかくエイと気合を入れて着替えて家を出てきた。

激しい下痢1
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1123045478&owner_id=459989&org_id=1122957503

激しい討論 (おなかが痛くて遊んでいて出来た日記)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1122957503&owner_id=459989

駅までは10分ぐらい歩く。 実はメチャメチャ近いところに住んでるのだけど、タイというのは歩道があまり整備されてないことが多いので、かなり遠く感じる。 横断歩道とか歩道橋とかそういうものを使って正規ルートで行くとメチャメチャ遠回りになるので、対向8車線とかあるような巨大な道を無理やり横断したりする必要もある。 実際正直駅まで歩く体力があるか自信が無かった。

いろいろ考えたのだけど、タクシーで行くことにした。 で、手短な大通りに出て、タクシーを捕まえることにした。 ところで、僕の家からバムルンラート病院にいくには右折禁止をひとつ乗り越え、最渋滞地域をふたつ乗り越えないといけない。 だからタクシーの運転手はものすごく嫌がる。 それは知っていた。

でも、何とか頼み込もうと思って、とめて聞いてみた。 「ここから行くの難しいのは知ってるけど、具合悪くなって大急ぎで病院行かないと行けなくて。 頼む!」 「いやー ○○は右折禁止だし、××は渋滞してるし... ムリ!」 「今すごい具合悪いんですよ...! そこをなんとかダメでしょうか」「(....浮かない顔)」「ですよね! ダメですよね!じゃぁいいです!」 そういう感じのやり取りを二台のタクシーと交わしたところであきらめることにした。 タイ人(というかバンコク人)って普段いろいろ助けを請うくせに肝心なときにはあまり助けてくれないものだ、と思った。

反対側に行ってチュラ大病院に行くことにした。 こっちは今度は空タクシーが居ない。みんな客を乗せている。 仕方ないので、バイクタクシーと交渉してのっていくことにした。

なんとか、チュラ大病院に着いたけど、超巨大かつ超大混雑だった。 入り口には鼻から管を入れているお坊さんとかいった偉そうな人がベッドに寝かされて順番を待っていた。

病院に入った。 僕はこの2~3日でタイ語読解力が上がったらしく、ふと見れば、看板・標識の文字が全部読めるようになっていた。 うれしかった。 うれしかったが、きちんと勉強していないので、何から何まで知らない単語ばかりで、まったく意味がわからなかった。 これでは意味が無い。

取り敢えずあたりの人に聞いてみた。 でも、ここの従業員はすさまじく忙しいので、あまり他人にかかわっている暇が無いらしく、 あまりきちんと教えてくれない。 警備員さんに聞いたら「あそこに居る看護婦さんに聞いて」ということで、行ってみた。 そうしたら、肝心の看護婦さんが出払っていて、応対する人が居ない。 応対する人が居ないところに、また更に応対する人を待っている患者の列が出来上がっている。

初診という看板を見つけて、案内を読んでみた。 取り敢えず何番窓口に提出すればいいか、ぐらいは判った。 だけど、僕は、考え直すことにした。 受付終了間際らしかった。 アナウンスでまもなく受付が...というようなことをいっているのが聞えた。 この状態でカードを提出し待つとさんざん待った挙句順番が回ってこない、というトラブルが考えられた。 そういうことが無いように万全を期すためには、従業員を煩わせて確認しなければいけない。 でもこういう外人が皆無な場所だと、外人が来ると(いかにその外人がタイ語が話せる人でも)面倒くさがられることが多い。 こっちがタイ語で話している、ということを相手にわからせるだけでも、結構時間をとらせることが多いのだ。

僕の力ではちょっと無理っぽかった。
これでは恐らく、待ち時間の間に黄門様の怒りが爆発してしまうと思われた。

そこで、予定変更して、スクムヴィットソイ1(ソイ3)にあるバムルンラート病院に行くことにした。 しかしここラマ4どおりから、スクムヴィットソイ1までは、どう考えても最渋滞地域を通過する必要があった。

今度は、タクシーがいとも簡単にOKしたので、一安心だった。 「いや、実はこれから行くところは、大渋滞するから、時間すごいかかるんだけど、急病なので是非お願いします。」 そうしたら突如「あ!そういえばガソリンが切れそうだ! 多分そこまでいけないなぁ。」 あぁそういうことか、と思った。 「あぁじゃぁいいですよ、ここで降りてもいいですか?お金はいいですよね。」 と言って降りた。 まぁ仕方ないとは思うけど、バンコクのタクシーは狡すからい。

今日は暑いしもう歩きたくなかったのだけど、タクシーで動いちゃったから最寄の駅までも結構あったし、もう一回タクシー乗ってサラデーン駅から電車で移動することにした。 これだったら最初から電車で移動すればよかった。

で、ナナ駅に付いていろいろ考えたのだけど、ここも一方通行と右折禁止がものすごくおおくて、結局歩いていく以外方法が無いのだった。 バンコクって非常に不便な街だと思う。 反対側のプルーンチット駅から歩くのも手だけど、こっちはこっちで問題があるし。 なぜなら、その手前に直進禁止のT字路があって、タクシーはそこでみんな左に曲がってしまうからだ。 プルーンチットからナナ方面に向かうタクシーって極めて少ない。 結局スクンビット方面から来る場合どう考えても歩くしかない。

で、結局歩いた。

で、病院について手当てをしてもらった。 38度熱が出ていることが判った。 これじゃだるい訳だ。 連続で注射をしてもらって、だいぶ楽になった。

ここで、ウワック อ้วก という言葉を覚えた。 アチェン อาเจียน という言い方しか知らなかった。 また先日イサーン語で、ウワット(吐く)という言い方も覚えたのだが、これと同じ言い方だろうか。 あと、副作用という意味の言葉も覚えた。 これは何ていうか忘れた。 あと、キンレオコオーク という風に「オーク=出る」というとこれは吐くことを意味するのであって、ケツから出て行くことを意味しない、ということを知った。 ケツから出て行くことは ターイ というのだそうだ。 スペルは ไถ かもしれない。 わからない。

看護師さんがとても親切な人で、僕がいう間違ったタイ語をいろいろ直してくれたのだった。


また帰りも歩いた。 街は大渋滞だった。 タクシーに乗って動かなくなったところでおなかが痛くなる危険を伴う。 だから歩いた。

帰ってきた。





スペシャルサンクス
  タブヤスさん、病院教えていただいて、ありがとうございます!


コメント一覧
タブヤス ZX   2009年03月31日 01:21
結局バムルンラートでOKだったんですね。
確かにチュラロンコン病院もいいですが、あの込み様は緊急時には辛すぎですね。
とにかくバムルンに行ったならそれだけで安心ですね。
過剰に診察してくれるみたいですし。
調子が良くなったら一緒にビール行きましょう!
おかあつ   2009年03月31日 05:03
チュラロンコン病院、すごく試してみたかったんですが、今回外人の僕ひとりだったというのもあり、医療が日本と同じで超大混雑みんなすごい疲れているというか、あまり迷惑かけられないなぁと思っちゃいました。

医療って本当にしゃれにならなくて、自分がもし本当にタイ人だったらどうするだろうなぁ...とかなんかいろいろ考えちゃいました。 だってもし本当にタイ人だったら、バムルンとか絶対いけないですもん。

チュラ大病院で、お坊さんが鼻に管を入れた状態で、入り口の外で寝かされているのをみて、洒落にならんって思っちゃいました。 でも、みんなそんな感じで我慢しているんですよね。


ビール行きましょう...! (ってあれ禁酒は!?)
 
出展 2009年03月30日22:52 『激しい下痢の結果』