FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2009年1月27日火曜日

航空券の予約 (mixi05-u459989-200901271835)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
航空券の予約
2009年01月27日18:35
アメリカンエアラインのオンライン予約サービスを使った。 挙動が非常に怪しく、無予告に入力したデータを削除されたり、折角入力しおわったのに、いきなり最初からやり直させられたりした。 悪いユーザーインターフェースの見本市の様なプログラムだった。 一番頭に来たのは、入力項目の間違いを指摘された時、どの項目が入力漏れたのかはっきり表示されておらず、それを見つけるのに一時間近く掛かったことだ。 三回アカウントを作り直した挙句、予約が済むまで3時間掛かった。

一応多言語がされているが、言語によって動きが違ったり、表示がおかしくなったり、正しく動かなくなったりするバグがたくさんあった。

アカウントを作り直したのに、旧アカウントの情報が表示されて居たりした。(これはログアウト時にサーバー内のセッション情報がきちんと初期化されていないときに起こるバグだ。 これは個人情報保護的にみて言語道断の動作だ。)

項目欄に (null) とか (exception:null) とか 散々表示されていた。 もろにException:って出て表示が止まっているインナーフレームもあった。

特に住所の入力の時、その人の居住地にしたがって、住所形式を変えないといけないのに、表示中の言語にしたがって住所形式がかわるようになっていた。 日本人なのに「お住まいの州を入れろ」とかいわれる。 州を入れないと予約が出来ない。 これには非常に不条理を感じさせられた。 これだと、タイに住むアメリカ人とか、日本に住むタイ人とかは、予約が出来ない。 ちなみにデタラメな州を入れてやり過ごすとあとで「丁目が入力されてない」というエラーがでるので結局予約できない。 内部仕様があきらかに矛盾している。


僕は三時間かけて、このシステム上にあるいろいろなバグを調査し、これだけ判明したが、普通僕は普段これを時給3000円くらい貰って調査しているのだ。 たった三時間でこれだけバグが見つかるということはどういうことだろうか。 これまでどういうテストをしてきたのか甚だ疑問だ。

こんなずさんなシステムを納入しても、2~3億円ぐらい貰えるのだ。 名の通った会社は。 実に気楽な商売しているな、と思った。

コメント一覧
あび   2009年01月27日 22:08
そして、リリース後の修正作業は、理由の如何を問わず別料金ですよ。とか平気で言う詐欺集団だったりするわけで。
おかあつ   2009年01月28日 00:07
> そして、リリース後の修正作業は、理由の如何を問わず別料金ですよ。とか平気で言う詐欺集団だったりするわけで。

m6(’O’) それ!
 
出展 2009年01月27日18:35 『航空券の予約』