FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2008年12月18日木曜日

ヒントンと四次元とピッチングマシーン (mixi05-u459989-200812180249)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
ヒントンと四次元とピッチングマシーン
2008年12月18日02:49
四次元という概念を考えた人はチャールズハワード・ヒントンという数学者なんだそうだ。 この人は、一夫多妻主義者で、しかも一夫多妻主義カルト宗教の教祖でもあり、相当変わっていた人だったらしい。

プリンストン大学で数学を教えていたらしい。

で、この人、ピッチングマシーンの発明者でもあるらしい。

http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=9F05E4DE143DE633A25751C1A9659C94669ED7CF

インターネットはすごい。 こうやって100年以上前の原文があたれてしまう。 最初はプリンストンガンって呼ばれていたらしい。要するにどこにでもあるバッティングセンターのピッチングマシーンは、ぜんぶこのヒントンの発明品ということだ。

ところが、重婚がばれて、プリンストン大学をクビになって、最終的に、アメリカにわたって特許局の事務員になったらしい。 ほんとうに変わった人だ。

しかも奥さんはブール代数を発明したジョージ・ブールの元奥さん、マリーブールだったんだそうだ。 で、もう1人の奥さんはその娘だったらしい。 ムチャクチャだ!


コメント一覧
みゃう   2008年12月18日 06:32
突っ込みどころ満載の人柄に共感?(笑)
>>もう1人の奥さんはその娘だったらしい
 
出展 2008年12月18日02:49 『ヒントンと四次元とピッチングマシーン』