FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2016年9月13日火曜日

怪物ドラマー=クリス・コールマン (oka01-kqstwvgnfmemskwe)

最近、クリス・コールマンというドラマーのデモンストレーション演奏をYouTubeで見つけ、以来はまって何度も聞いている。クリス・コールマンは素晴らしいドラマーだ。非常に若く、2016年現在、35歳という。僕が好きな音楽=ジャズでドラマーとして活動しているわけではないらしいが、スイングも叩く。複雑なポリリズムの使い方やその迫力の凄まじさ、音の繊細さが、名ドラマージャック・ディジョネットを彷彿させるところがある。

クリス・コールマンは、決して著名なドラマーという訳ではないらしい。彼の名は、ウィキペディアにも載っていない。彼の名義でアルバムが出ている訳でもない。だが草の根音楽界(=
別名『ゴスペル』『教会音楽』ともいう。現代ゴスペルは、日本のゴスペル音楽の認識とは全く違う、物凄い世界に変貌している。だがその現状は、日本では全く知られていない。別記。)では極めて有名らしく、数度来日も果たしているらしい。

日本では、彼の演奏を聞くチャンスはほとんどなさそうだ。だがYouTube上に彼があちこちで演奏した時の映像がアップロードされている。特に、彼が打楽器メーカーの販促として演奏したものの出来栄えは、卓越して素晴らしく、一見の価値がある。

海外での一般的な評価も非常に高く、彼の実力は広く認められている様だ。彼が演奏したビデオはしばしば、10万以上の表示数を記録している。


個人的には、次のビデオがオススメだと思う。短いが非常に良い。



また彼はドラム講師としても非常に評価が高いらしく、ネット上で彼のワークショップの模様を録画したものがたくさん視聴可能になっている。



さて、今回は、次のビデオの件について書いてみたい。


このビデオは、彼のワークショップの模様をビデオとして収めたもののひとつだ。

このビデオで彼は、非常に良いことを沢山語っている。出来ればこのビデオの1時間30分の内容を全て書き起こして日本語に訳したい。だがそれは今の僕には、時間的に厳しいものがある。

今回は、このビデオでクリス・コールマンが語っていたことの中で、僕が特に興味を持ったものを抜粋して書いてみたい。


(1:23:50〜) ある日はうまくいく。ある日はうまくいかない ─── ある日は成功したテクニックも、ある日は体調が悪くてうまくできない。そんな時は、お菓子を食べたり、映画を見に行ったりして、休もう。力強く何かにチャレンジしていると、何かのひょうしに間違った状態を引き起こしてしまうこともある。 そういうときは、スローダウンしよう。

「常にスピードよりも正確さを。」

さぁ、みなさんも、ご一緒に。

「常にスピードよりも正確さを。」

・・・ みなさん、更にもう一度ご一緒に。

「常にスピードよりも正確さを。」

フェラーリがどんなに速くても、ブレーキがなかったらどうする?

エンジンが強力であればあるほど、ブレーキも強力でなければいけない。

スピードが速ければ速いほど、コントロールが重要になる。

スピードが速くてもコントロールがなければ、音楽にならない。

それと同じ。

何かうまくいかなかったら、スローダウンしよう。


 (1:27:27〜) もしドラマーとして大切な練習方法をひとつだけ選ぶとしたら、何を選びますか?

『数える』 実際に、手を動かしたり、足を動かしたりして練習することはできる。だけど、小説の頭がどこにある?と聞かれたとき、「どこだっけ?!」となるのでは意味がない。だから究極の練習方法は、スティックを置いて『数える』。 数えることで、自分がしていることをはっきりと理解して大切なことにフォーカスを定めることができる。

(1:33:30〜) 他人の人生や夢に対して、出来る限りポシティブな言動を心がけよう。 もし他人の人生や夢に対してネガティブな言動を取れば、それは3倍になって自分に返ってくる  ─── とにかく、気をつけろよ。

人をどう扱うかに注意したほうがいい。人生は、最終的には人との関わりあいだから。

彼の話は、含蓄が非常に深い。こうやって日本語として文章に訳しても、彼の言わんとしている事柄の奥深さがほとんど伝わらない感じがする。実際にビデオを見てみて、彼がどういう気持ちを込めてそれを言わんとしているのか、実際に見てみるべきだ。もし英語が苦手で彼が何を言ってるか理解できなくても、敢えてわからないままで姿を見てみれば、必ずそこから何か学ぶことがある筈だ。




ボキャブラリー

1:16:00 『トメイト・トマトー』

"tomato" トマトは、イギリスでは『トマト』と発音するが、アメリカでは『トメイラ・トメイタ』という様に発音する。ここから転じて、同じものだが、表面的な呼び名が違うだけ、というものの例えとして使われる様になったらしい。 出展は、ジョージ・ガーシュインの Let's Call the Whole Thing Off という曲だという。  

参照 What does “To-may-to, to-mah-to” mean? - Stack Exchenge



ここでは「五十歩百歩」と同じ意味で使われている様だ。

スラーピー

slurpee=海外セブンイレブンの名物商品。

セブンイレブンは日本発祥のコンビニエンスストアで、世界中にある。だが、何故か海外では有名なのに、本家である日本だけで発売されていない名物商品がいくつかある。スラーピーがそれ。クリス・コールマンのこのトークないで、何故かよくネタとして出てくる。


サワーパッチ


英米で有名なグミキャンディー。相当酸っぱいらしい。


コリタイデス
 
Colitis 複数形 colitides = 大腸炎 ・・・ このトークのなかで、クリス・コールマンがかつてかかって大変だったと言及している病気。 クローン病という難病と似ている病気で、クローン病が小腸で起こることに対して、コリタイデスは大腸で起こるという。


ワイアナ・トゥーイアナ・スリーイアナ

日本語で拍数を16分音符つきで数える時「いっとー・にーとー・さんとー・しーとー」と数えるが、英語では、「ワン・イー・アンド・アー」「トゥー・イー・アンド・アー」と数えるのが一般的らしい。

タプレット

tuplets 連符
triplets 三連符
quintuplet 五連符





個人的な感想を少しだけ述べてみたい。

『他人の夢に対してポシティブに接する。』  ─── これは僕としては至極当然なことに感じる。 だが、これを日本でやると、何故か色々と上手く行かない、と僕は感じる。それは、日本とアメリカでは、社会の成熟度が全く違うからではないか。日本には、アメリカと違って、ネガティブな人がものすごく多い。

日本社会には『ネガティブお化け』みたいな人がいっぱいいる。他人の夢や人生をわざわざ踏みにじってやることに限りない快感を覚える人がいっぱいいる。無意味に攻撃的なタイプの人が多い。無意味に他人の妨害を好む。

アメリカ社会には逆に、『ポシティブお化け』みたいな人がいるらしい。米国のアニメ・ビービスアンドバットヘッドの Stewart is Missing という話に、バカの象徴として描かれた『ポシティブ』なお父さんが登場する。「とにかく一番大切なことはポシティブさを失わないことです」とひたすら言い続けるお父さんは、あたかもバカの象徴の様に描かれている。アメリカでは、バカであればあるほど、ポシティブに行動する所があるのではないか。

確かにアメリカのポシティブなバカも痛々しいが、日本のネガティブなバカよりずっと救いようがあるような気がするのは、僕だけか。

また、アメリカと違って、日本には普段から詐欺師なみの演技をしながら生活している人が多い。そういう演技者の言動に対して下手に『ポシティブ』な姿勢を見せると、それだけで激昂させてしまう ─── 彼が言っていることは最初から本気でなく、何らかの目的を以って行っている演技なので、あまり真剣につきあうと、いつの間にか、彼の逃げ道を全て塞いで追い詰めてしまう結果になるからだ。

そんな『嘘をついている人』が多い日本では、他人の言うことを何でもかんでも真に受けて、真剣にポシティブな意見を考えたりすると、色々な問題を引き起こしてしまう。

ネガティブな態度は、3倍になって自分に返ってくる ─── 確かにその通りだ。だが日本には、倍になって帰ってきたネガティブ感情を、更に3倍にして他人にばら撒く ─── こうして指数関数的にネガティブになっている人が渦巻いている。



そういう中では、他人にポシティブな言動を心がけるだけでなく、ネガティブな言動に反応しないことも大切なのかも知れない。