FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2013年2月1日金曜日

Aはアか?───ジョン万次郎と理論厨 (oka01-cajzurhvwzoclmxf)

最近筆者が拘っている発音にAの発音がある。これは日本人ならば小学生のころから「あ」に相当する文字と習い、それを当たり前の様に感じているのではなかろうか。だがこの認識は正しくない。

筆者は最近日本語自体が持っている訛りに興味がある。日本人で日本語だけを話していたら、日本語のどこが訛っているのか気づかないものだ。日本人が英語を話す時Rの発音が正しく発音出来ない事はよく言われるが、他にも無数の訛りがある。その訛りは、どれもこれも日本人にとって意外に感じられるものばかりだ。今回は、特にAの発音の話を紹介したい。



Aは「あ」ではない。単語の中にAが現れた場合、その読み方は大抵、アクセントが来ない場合は ə または æ に、アクセントが来る場合はæになる。 ə も æ も日本語の「あ」とは大分発音が違う。特に æ の発音は、日本語の「あ」よりも遥かに横に口が開いており、どちらかというと「え」に近い発音になる。 ə も「あ」という認識があると、口が大きく空きすぎる。口を大きく明けないで「え」と発音する方が近い。


というのも、上記のタイのお菓子を見た時にふと気付いたのだ。上記の菓子の名はMAGICだが、タイ語でเมจิกと表記されている。これは日本語で書くとメージックと読まれるべき綴りだ。

magicは、日本語では「マジック」と表記する。だが実際には、magicのmaは、マではない。発音記号によると 'mædʒik と表記し、日本語で表記するとどちらかというと、メジックと聞こえる。

他にも先頭にaが付く単語は、大抵エと読む方が正しい。tank テーンク, bang ベーング, salmon セーモン, salon セーロン, salad セーレド ... 日本人がアだと思って発音しているもののほとんどはエだ。

日本人が英語を学び始めた頃は、恐らく日本人は英語を聞こえたとおりに発音していたのではないだろうか。例えばかつて日本語で小麦粉の事をメリケン粉と読んでいたことがある。これは小麦粉の輸入元だったアメリカ=americanをメリケンと読んでいた事が由来なのだそうだ。辞書で発音記号を見てみると ə'mərikən とあった。 ここで ə を「あ」と思っていると自然な発音が出来ず、ネイティブの英語話者と話している時に通じづらい。

何故日本人はエと表記するのをやめ、アと表記するようになったのだろうか。筆者がこの事を考える時、いつも必ず以前見た、日本人で最初に英語を学んだ人と言われるジョン万次郎の作った辞書を思い出す。


ジョン万次郎の辞書には、水=Waterの「ウォーター」が「ワラ」と書かれていたらしい。筆者はこの表記法が好きだ。「ウォーター」よりも「ワラ」の方がずっと現実の英語の発音に近いからだ。

何故ウォーターがワラになるのか。最近の音声学によると、アメリカ英語では母音に挟まれたtは Alveolar Flap と呼ばれる現象によって l や r に変化するとされる。

つまり当時の日本人が持っていた発音理論よりもジョン万次郎の空耳発音の方が正しい事になる。当時の日本人の音声学が間違っていると見なしたジョン万次郎の空耳発音は、現代の音声学を使えば理論的に説明する事が可能で、むしろウォーターの方が間違った発音と結論付けられる。

ジョン万次郎が理論によらず直感を使って辞書に正しくワラと書いたwaterの発音を、後年になって「理論厨」浅学の頭でっかちバカ言語学者の誰かが「ウォーター」に改悪したのだ。 この「ワラ」を「ウォーター」に書き換えたバカ言語学者が、現代日本人を英語オンチにした犯人だ。

確かに、理論は大切だ。 厳密な学問───数学や論理学や物理学の世界では、到底感覚では捉えきれない様な複雑な事象を厳密な記号を使って論理的に算出する事で、正しい答えを導き出す。例えば、超弦理論の10次元の世界を人間の感覚を使って考える事は恐らく不可能だ。これらは厳密な数学記号を使って計算することなしには、正しい答えを導き出す事は不可能だろう。

だが言語は、超弦ではない。 飽くまでも人間が直接使うものだ。人間が発した音声は、人間なら聴き取る事が出来る。その言語がいかに難解だろうとも、人間であれば必ず感覚だけで理解出来る。

語学では、理論は飽くまでも人間の持つ感覚を説明する為の物だ。飽くまでも感覚が理論をかたちどり、理論が感覚をかたちどる訳ではない。理論で説明の付かない感覚があれば、修正されるのは飽くまでも理論で感覚ではない。 飽くまでも感覚が先に有り、それを理論で説明するという順番でなければならない。感覚を信じず、論理的に説明のつかない感覚を否定し、論理に従って感覚を修正するという行為は、言語の破壊行為そのものだ。

感覚は、往々にして正しい。論理が何十年もの年月をかけて導きだす結論を、感覚は一瞬で導きだす。よい理論を作る下地となる素地は、飽くまでもよく研かれた感覚だ。 理論に頼りきりで感覚を研ぎ澄ます事を忘れてはいけない。

そう。理論バカは、ただのバカより酷い。




さて上記は、日本の洗剤マジックリンのタイ版だ。ここに มาจีคลีน と書いてある事がわかる。ここにはマージックリンと書かれており、タイ人が「マジック」という単語を綴る時に使うエ音便が使われていない。つまりこれは日本語訛りだ。

こういうところから、おそらくはこのタイ文字の綴りを考えた方が恐らく日本人だろう事を推察させる。訛りというものは、他者に対して意外と多くの情報を与えるものなのだ。