FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2011年6月13日月曜日

足跡が消えた (mixi05-u459989-201106131327)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
足跡が消えた
2011年06月13日13:27
何か気がついたらミクシの足跡が無くなってる。 これを決定した運営者、アホやな。

恐らくだけど、ミクシで一番重かった機能が足跡だったんではないだろうか。 hi5とか facebookとか youtube とか サーバー運営資金をタップリ持っているSNS運営者が追い上げをかけているなかで、ミクシにとって足跡が重い足かせになってドラスティックな機能追加が出来なくなっていたのではないだろうか。

しかし、色々な人が言っている様に、ミクシは「足跡」がミクシ独特な「顔の見える」コミュニケーションを形成する上で、非常に重要なファクターとして存在していた。 これがあるからこそ、日記という非常に時間のかかるコミュニケーション手段しか持っていないのにリアルタイムでコミュニケーション出来た。

また「足跡」はミクシと普通のブログとの大きな違いを生み出していた。 ブログの様に読者やコメント者の顔が見えない、アノニマスなコミュニケーションが嫌いな人が、ミクシを使っていた。 足跡がなくなってしまったら、ブログとの差異がなくなる。



facebookにも、hi5 にも、poke という機能があって、これが任意の足跡の様な昨日を果たしている。 これがあるから、facebookやhi5には足跡が無くても利用者に好まれている。facebookに至っては、ログインユーザーをリアルタイムに監視する機能すら存在し、見つかったログインユーザーとはリアルタイムでチャットをすることも可能だ。

だけど、mixi には pokeも チャットもない。 pokeも チャットもない リアルタイムコミュニケーションを取る手段が、足跡以外に何もないこの状態で、足跡を削除してしまったら、リアルタイムコミュニケーションを取る手段がひとつもなくなってしまう。 これでは、他のサイトに対して勝ち目が無くなってしまうではないか。



「足跡」削除することについて、反対意見しか見つからない。 それなのに、削除してしまったのには、何か別に大きな事情があるのだろう。 この足跡機能の削除の決断に関して、運営者は足かせとなってるサーバー負荷を追い払う為に、かなり感情的になって決断したのではないか。 あるいは、運営者の中にミクシを追い落とそうとしているスパイが入っているので、こんなおかしな決断をしたのかも知れない。それか南青山周辺にホットスポットが出来てプルトニウムから出てくる放射線の影響で頭がおかしくなってしまって、判断を間違ったか。

いずれにしても、ミクシは自分で自分の首を絞めたと言える。



運営者は、どうせこんな僕の日記など読んではいないだろうが、僕はtwitterとmixiの大きな違いは、マイミク機能の違いではないか。 ミクシのマイミクは、必ず双方向の結びつきがある。 マイミクになったら相手の動向はすべて自分に報告されるし、自分の動向も相手に報告される。

一方、twitterは、「フォローする」という形で、単一方向的に付き合うことが出来る。相手をフォローすると、相手の動向は自分に報告されるが、自分の動向は相手に報告されない。 この点がミクシと大きく異なる。 これがtwitter のコミュニケーション文化の根本をなしている。

ミクシもこれと同じような事をしたらよいのではないか。マイミクを双方向ではなく一方向に変更する。 当てずっぽうな事を言っている様に思われるかもしれないが、ミクシの閉塞性は、その当たりからも来ている様な気がする。 このミクシ独特な閉塞性は、既存ユーザーが安心感を持つ大きな理由でもあるが、恐らくミクシのユーザー数上昇の足かせになっているのではないか、と僕は感じる。

あと、サーバー負荷が厳しいことになりそうだけど、日記をブログの様にウェブに公開する機能とかあったら、この閉塞感がなくなりそうな気がする。



往々にして、一度成功した組織というのは、どうしても方向転換しづらいもので、ミクシもそういう状況に落ちてるんだろう。

だけど現状で足跡を削除してしまったのは、救いようがないバカだ。 バカでないとしたら、意図的にミクシというサイトの人気を落とそうとしているのだろう。



それか、こういうことか。 普段利用者というのは、機能改善の希望をほとんど述べないものだ。 この無言の利用者のニーズを汲み取るのは難しい。 だけど、足跡を消したりすると、ショックで利用者が一斉にブーイングを発するので、そのブーイングを観察して、新機能を変更するという作戦か。 それならありえそうだ。



=====================================

mixi、「足あと」機能を「先週の訪問者」に変更
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1634715&media_id=94


ミクシィは2011年6月6日、SNS「mixi」の「足あと」機能を変更し、新たに「先週の訪問者」として6月13日より提供すると発表した。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

「足あと」は、ユーザー自身のページをいつ誰が訪問したか把握できる機能。しかし、「足あと」をつけずにコミュニケーションができる「mixi ボイス」や「mixi アプリ」などサービスの多様化に加え、昨年からは「足あと」機能が担っていたフィードバック要素を網羅した「イイネ!」が導入された。そこで、今回「足あと」機能を改善。訪問者を「友人」(マイミクシィ)と、友人の友人や所属の学校・会社ごとのコミュニティ「mixi 同級生」/「同僚ネットワーク」経由の訪問者である「その他」で分けて表示する。

表示名称は「足あと」から「先週の訪問者」、「自分の足あと」から「自分が訪問した人」に変更。また、過去1週間に訪れた人を、ホームの「新着お知らせ」枠で表示したり、リアルタイム訪問者の履歴表示をなくしたりするなどの変更も行う。

mixi では今後、訪問者からのつながりを支援すべく、コミュニティ経由等の訪問者履歴の表示を予定している。

コメント一覧
おかあつ   2011年06月13日 13:35
http://japan.internet.com/busnews/20110607/5.html

みろよ、こいつの顔。

コミュニケーション能力ゼロです、って感じ丸出しだよな。

コミュニケーションが上手い奴の顔じゃない。

ま、俺の会社じゃないし。 潰れてくれて結構だけど。
おかあつ   2011年06月13日 13:43
ミクシが成功した理由は、一番乗りだったことと、立ち上げ当初のサーバー設計が非常に優れていた事だった。 サーバー設計をしたバタラ氏も辞めてしまったし、ミクシが成功している理由は、もう「一番乗りだった」ということしか残っていない。 その勝ち目もそろそろ目減りしているんだろうな。
おかあつ   2011年06月13日 13:45
僕の足跡は知り合いしかないので、週ごとに統計すると毎週同じだ。義理で「イイネ」押していく様な感じのいい人もいないし、足跡だけが便りだったのだがなぁ…。
おかあつ   2011年06月13日 14:02
facebook って良くも悪くも「非日本人的」なんだよな。 みんな自己主張で溢れかえっていて、静かにしていない。 だから、誰が何をしているのか、すぐにわかる。 だから足跡が無くても、誰が何をしているのか、わかる。

その点、日本人は寡黙だ。 普段何も語らない。 何も反応しない。 だから足跡はとても大切だった。 「誰が」「何時」見にきたのか。 これだけが唯一のヒントで、その人が何をしているのかをつかむことができた。


何か上のサイトよると無関係な人は、積極的に非表示にするという様な事が書いてあったが、この機能は、システムが執着すべき「基礎」機能ではなく「応用」機能の領域に踏み込んでしまっている観がある。



ちえぞう   2011年06月13日 16:08
こんちわ
マイミクさんで 悪評だった検閲アカウンの隠蔽なのか って書いてた人がいます。
きっとそんなことなんでしょうね。
mixiは完全に迷走してますね
さい   2011年06月13日 16:11
紹介制でもないし
もはやミクシィである意味がないね。
bobcat   2011年06月13日 22:26
うん 今日から「足あと」消えてるね…運営はろくでもない変更しかやらんにゃあ……
退会したユーザー   2011年06月14日 06:15

コミュから来ました。 開発者の顔が若すぎますね、20代?

20代の若者にプログラム以外の何がわかるというのか・・。
Aileron   2011年06月14日 10:24
足跡用のストレージがまた限界来て、ttの開発者も、mixi出てった後だから、直近、対応不可能だからの、判断じゃ無いかな?
おかあつ   2011年06月14日 10:29
なら、リリース延期すればいいのにね。 色々お金的な都合があるんだろうけど。
だとしたら、逆にあんまり騒ぎすぎると、僕等も不利なのかな。
なら、ワザと情報をリークしたりして、沈静化を狙っても良さそうなのに。

ギャグ卿   2011年06月14日 11:16
コミュから来ました、とても興味深く読ませていただきました。

読みやすくわかりやすかったので、足あと機能についてのコラムまた書いてください。
 
出展 2011年06月13日13:27 『足跡が消えた』