FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2010年8月26日木曜日

日本の没落っぷりについて (mixi05-u459989-201008261730)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
日本の没落っぷりについて
2010年08月26日17:30
勝手にトラックバック

オルタナティブブログがつまらない。私には・・・。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1568626974&owner_id=1482716

─── オルタナティブブログを読んでも面白いと思えなくなったのは、自分の嗜好の変化なのかそれとも...

===

多分だけど、ブログのレベルが落ちたというよりは、みんな仕事が忙しい上収入が少ないので、じっくり考えるゆとりがなくなってるんじゃないかと思う。 ブログを名刺代わりにするのも同じ理由だと思う。



これが正に没落している日本の現状じゃないかと思う。 先日中国のGNPが日本のGNPを抜いて2位になったのだそうだけど、日本は不思議なくらい何の危機感も持っていない。 中国はバカだ、チョンだと文句を言う割には、じゃぁどうやって中国を「倒す」のかという事については、誰も語らない。 誰も本気で中国を嫌っている訳ではないのだと思う。 日本人が、中国をバカだチョンだと卑下してばかり居るのは、単に日本の報道の安易なプロパガンダに煽られて考える力を失っているからだ。


タイに居るとそういう日本の没落っぷりがすごくはっきり見える。

・街から日本人が消えた
・代わりに韓国人と中国人が増えた
・日本人専門の料理屋の客に日本人がいなくなり、タイ人・中国人ばかりになった。
・前、街で日本人がやっていた様な事を、中国人・韓国人の観光客がやっている。
・日本が長い間援助していたアジア最貧のラオスが妙に繁盛している。(中国の投資)
・などなど

政治ポリシーの東西左右を問わず、今の日本にとって中国との融和路線をとる事は必須だ。その路線を実践しているのが唯一小沢一郎だったのに、顔が悪人ヅラだとか金遣いが荒いとか、ひたすらイチャモンをつけられて潰されてしまった。 中国との融和路線をきちんと実行できる人ならどんな悪人でも構わない筈だ。 とにかく一刻も早く路線を乗り換えないと、日本は立ち直れなくなる。 なのに、日本は、みんなで反中嫌中の大合唱。

===

最近、ごく当たり前な事だけど、ふと気がついたことがあった。

それは、タイに住んでいる華僑は、漢族じゃなくて、客家人・潮州人・海南人・福建人だ、ということだ。 考えてみれば、みんな中国語(北京語)ネイティブじゃないんだ、と思った。

僕は今まで、華僑とはつまり中国人だ、と思っていた。 日本人が言う中国人というのは、要するに、北京とか上海とかに住んでいる漢族の人だと思う。しかし、華僑の人たちは、いわゆる漢族の人たちとは違うので、日本で見る様な中国人ともまたずいぶん趣きが違うのではないか。

考えてみれば、顔もそれぞれかなり違う。

日本人にも色々な顔の人が居るけど「日本に居る顔」と「日本に居ない顔」とある。 朝鮮族の人もかなり顔つきが違う。 漢族の人も微妙に顔つきが違う。 そうやって考えると、アジア人ってものすごく人種がいっぱいあるのかもしれない。

コメント一覧
しまけん(チカツ)   2010年08月26日 23:09
融和路線とはいいますけど、中国と仲良くすると表明したって、中国人が外交やらビジネスやらで騙してくるんじゃないですかね。
そういう不安を取り除けてないし、中国人の手口に対応できるほどのノウハウを日本が開発できてなかったことが問題のような気もします。

思うに、いじめっ子と気の弱そうな子が一緒の班にいて「仲良くしなさい」と先生に言われてるように聞こえます。
おかあつ   2010年08月27日 03:00
> 中国人の手口に対応できるほどのノウハウを日本が開発できてなかったことが問題のような気もします。

そうですよね。 そういう意見が大半だと思います。

チカツさんも、もう国際人なのですから、
英語で構わないので日本語以外のニュースを読むようにすると良いです。
読むのはとても骨が折れるものですが、
そこにはビックリするほど違った世界が広がっています。

アジアタイムス とか
http://www.atimes.com/

ワシントンポストとか
http://www.washingtonpost.com/


日本語を通じて入ってくるニュースは、中国の話題に限らず凄いです。 すさまじい偏り方です。 英語のニュースを読んでいると世界の全体像が見えてきますが、全体像をつかんでしまうと、日本のニュースを読む気が起こりません。 あまりにも偏っているし、ウソももう少し上手につけというぐらい幼稚です。(日本語しか理解できないというのは恐ろしいことで、それくらいあからさまなウソにも簡単に騙されてしまうのです。)



逆のパターンも見ると良いです。 日本に関する偏ったニュースはたくさんあります。例えば、日本の性風俗についておもしろおかしく書いている文章もたくさんありますが、ごく一部のことをまるで全体で起こっているかのように誇張してかかれているものばかりです。


メトロポリスとか
(実際にHMVなんかで配られている奴訳してみるといいです。 偏見ありまくりで腹立って来ます。)
http://metropolis.co.jp/


ENGRISH も良いです。
こちらは非常によいサイトです。 日本への客観的な視点にあふれています。
http://www.engrish.com/



かなりボリュームがあるので、2~3日で読み尽くして流れが読めるようになるということは決してないかもしれませんが、継続して世界の情報に触れつづけることの大切さは強調して強調しすぎることは無いと思います。

これくらいの事を毎日ライフワークとして続けます。 こっちが世界レベルです。

日本には、外国についてあれこれと言う人が無数に居ますが、どれもドングリの背比べ・チョボチョボです。 こっちは国内C級予選落ちです。 英字紙を読むというたったそれだけのことすら、出来ないのです。


ちょっと厳しい意見になってしまいましたが、もしよろしければ気長にチャレンジしてみてください。 その苦労に見合った成果は必ずあります。 日本に居ても海外の視点を学ぶことは可能です。
sabaku   2010年08月27日 10:02
>客家人・潮州人・海南人・福建人だ、ということだ。 考えてみれば、みんな中国語(北京語)ネイティブじゃないんだ、と思った。

 この人たちは中国語ネイティブですよ、ただ普通語に近くないだけです。ただ潮州人は広東
なので、ネイティブではないでしょうね。
 
 中国全土のほとんどの場所に行き確かめましたが、広いだけに性格や体格は地域差があります。広東人はタイにいる中華系タイ人にやはり近いです、中国人にしてはひとあたりがいいし体格も細く、華奢です。
  東北人、(旧満州)は背が高く、がっちりとして、声が大きく、爽快な人が多い。まったく
小さいことを気にしてません。悪く言えば、無神経でがさつです。

 これらは一例でありますが、もし東北人がタイに移住していたら、溶け込めなかったでしょうね、明らかにちがいすぎます。逆に言えば、広東人は中国では言語同様に特殊なので、だからこそ、タイ社会に馴染めたともいえるでしょう。

 足掛け3年、中国にいて思ったのは、だまされたほうが負けなので、他人をまったく
信用しません、気軽に他人と話したりはするんでしょうが、警戒して大事なことは
教えません。中国人が一番、中国人を信用していないことがよくわかります。
 嘘をつくことに、罪悪感がないので、すぐわかる嘘でもついてしまい、ここきておもったのは
嘘も突き通せば、真実になってしまうし、いちいち気にしていたらストレスたまるので
、聞き流せるようになりました。

 この大陸気質は4000年も続いているので、今後かわることはないといいきれます。
変われるならもうとっくに変わってます。
 一方で華僑は異なった土地で生きていかなければならないので、大陸気質からぬけられ
たのかもしれません、環境は人間を変えるし、創ることがわかります。
おかあつ   2010年08月28日 17:01
ウソつき中国人について
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1570389426&owner_id=459989

コメントに返答を書いたら3000字を越えてしまったので、新たに日記を起こしました。
よろしければご笑覧いただけたら幸いです。
そむちゃい吉田   2010年09月08日 13:02
歴史を振り返れば、栄え続けるということはあり得ない。
かのローマ帝国は滅び、今またギリシャが破綻した。
日本の没落はバブル崩壊頃から予期されていたこと。
わたしも2000年ころからバンコクに暮らして、
日本の特異性と不可思議性がよく見えて、行く末すら妙に見えるようになった。

でも、不思議なのはそうなって初めて愛国心(らしきもの)を感じるようになった。
まだ間に合うのか、既に遅いのか?
ただ、自分が生きている間には結論がでないことを祈るのみ。
 
出展 2010年08月26日17:30 『日本の没落っぷりについて』