FLAGS

筆者おかあつ 大きな区分 記事の区分 記事の一覧 検索 ツイート

2006年8月21日月曜日

惑星とは何か (mixi05-u459989-200608212302)

ミクシ内で書かれた旧おかあつ日記を紹介します。
惑星とは何か
2006年08月21日23:02
このニュースによると、惑星の定義という物がきちんとしていないことが問題となっており、新しい惑星の定義が討論されているそうです。

ところが、この提案、どことなく、投げやりで、ものすごく乱暴な感じがするのは何故なんでしょうか。 特に、小惑星の名前は廃止なんてのは、暴力的にすら見えます。

これは、惑星の名前っていうのは、科学の話題のように見えて、実は、ホロスコープ・風水学に代表されるような、宗教的・心理学的・イメージ的な話題だからではないでしょうか。

なんとなく、学者と学者で無い人が延々とかみ合わない討論をしている場面を想像してしまいました。

───────────────────────────

太陽系12惑星 新定義「自己重力で球形」提案 候補さらに12個

 太陽系の惑星が、これまでの9個から12個に増える可能性がでてきた。チェコのプラハで開催中の国際天文学連合(IAU)総会で16日、新たな惑星の定義の原案が示された。原案のまま承認されれば、冥王星の発見(1930年)以来、76年ぶりに太陽系の全体像が大きく書き換えられることになる。IAUは、24日に新定義を承認するかどうかを投票で決める予定だ。
 国立天文台によると新しい惑星の定義の柱は、「恒星を周回する天体で、自己の重力でほぼ球形になるもの」としており、直径800キロ以上が目安になる。この定義だと、火星と木星の間に位置する最大の小惑星「セレス」、冥王星の衛星とみなされてきた「カロン」、昨年夏に米航空宇宙局(NASA)が「第10惑星」と発表した「2003UB313」が、新たに惑星の仲間入りをする。
 しかし、近年は観測技術の進歩で太陽系の外縁部で次々に新たな天体が発見されており、3個の新惑星候補のほかにも、12個の天体が惑星に昇格する可能性があるという。
 惑星の定義をめぐる議論は、昨年7月に米国の研究チームとNASAが、冥王星より大きいことを理由に「2003UB313」を第10惑星と発表したことが直接のきっかけ。それ以前にも、直径が月の7割しかなく、公転軌道も他の惑星に比べて特異な冥王星を惑星とすることの妥当性が議論されてきた。
 こうした経緯を踏まえて、原案では、(1)水星から海王星までの8個の惑星を「古典的惑星」とする(2)冥王星とカロン、「2003UB313」の3個は「プルートン(冥王星族)」と呼ぶ(3)セレスについては「矮(わい)惑星」と呼ぶ-ことを提案している。
 また、小惑星や彗星(すいせい)などと呼ばれている惑星より小さい天体についても「太陽系小天体」と総称することを提案した。
 これまで、科学的に明確な惑星の定義がなかったことが議論の根底にある。原案では明確さはあるが、惑星の中に「古典的」な8個とそれ以外の区別ができることになる。また、今後は新たな惑星候補が次々と見つかり、惑星の総数が収拾がつかないほど増える可能性も否定できない。
 24日の議決で、原案への反対意見や慎重論が多い場合には、3年後の次回総会に決着が持ち越される可能性もあるという。
     ◇
 ≪国際天文学連合総会で新定義提案≫
 国際天文学連合総会で提案された「惑星の定義」案の骨子は以下の通り。
 (1)恒星(太陽系では太陽)の周囲を回る天体であり、自己重力でほぼ球形の天体のうち、恒星でも衛星でもないものを惑星と定義する
 (2)小惑星「セレス」、冥王星と“双子”の関係にある「カロン」、冥王星より大きい小惑星「2003UB313」の3個が惑星に昇格、太陽系の惑星は12個になる。このほか、さらに12個の天体が惑星と認められる可能性がある
 (3)1900年以前に発見された水星以上の大きな8つの天体は「古典的惑星」とする。冥王星と同等の大きさを持つ天体で、公転周期200年以上で軌道が大きく傾きゆがんでいる一群を「冥王星族」と定義。セレスなど水星よりも小さな惑星は「矮(わい)惑星」と呼ぶことを勧告する
 (4)「小惑星」の名称は廃止。惑星より小さい天体は彗星(すいせい)を含め、「太陽系小天体」と呼ぶ
     ◇
 【セレス】1801年、イタリアのパレルモ天文台長ジュゼッペ・ピアッチが発見した最初の小惑星。当初は惑星と思われた。火星と木星の間の小惑星帯にあり、公転周期4年7カ月。直径約975キロ。名はローマ神話の穀物の女神にちなむ。
 【カロン】1978年、米海軍天文台のジェームズ・クリスティが発見。冥王星の周りを6日と9時間で1周し、衛星とみられてきたが、共通の重心が両星の中間にある二重惑星。直径は約1200キロと冥王星(約2300キロ)の半分近い。公転周期は冥王星と同じ248年。名はギリシャ神話の冥府の川の渡し守にちなむ。
 【2003UB313】2003年、米カリフォルニア工科大のマイケル・ブラウン教授らがパロマ天文台による観測で発見。05年、惑星としての動きを確認、「第10惑星」と発表した。太陽系の外周の小惑星群「エッジワース・カイパーベルト」にあり、公転周期約560年。直径は約2400キロと冥王星より大きい。今後正式名称が付けられる。
     ◇
【用語解説】国際天文学連合(IAU)
 世界85カ国・地域の天文学者ら約8900人と62カ国・地域の学術機関で構成される天文学の最高機関。1919年設立、本部はパリ。天体の命名権がある唯一の団体。
(産経新聞) - 8月17日8時2分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060817-00000000-san-soci

───────────────────────────

<国際天文学連合>「惑星」の定義案を修正 批判相次ぎ

 国際天文学連合(IAU)がチェコのプラハで開催中の総会で公表した惑星の定義案について、IAUの評議員会が修正作業に入ったことが分かった。国立天文台が21日、明らかにした。16日の公表後に開かれた検討部会で、「子どもにとっては難解だ」など、さまざまな批判が出されたためだという。
(毎日新聞) - 8月21日22時12分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060821-00000107-mai-soci

───────────────────────────
コメント一覧
おかあつ   2006年08月21日 23:22
>「小惑星」の名称は廃止

これってよく読んでみると... 「小惑星=asteroids」という名前をやめるということ...? それとも「セレス」とか「ゴルゴ」とかそういう小惑星の固体名称をやめるっていうこと?

文章良くないなぁ。
 
出展 2006年08月21日23:02 『惑星とは何か』